限度額いっぱいまで使っている方がかえって増額審査に通りやすいという理由

限度額いっぱいまで使っていますと、これ以上借りられないものですからどこかで増額請求をしたいと思うようなケースもあると思います。

しかし、限度額いっぱいまで使っていると返済能力を疑われてお金を貸してくれないのでは? とも考えられます。

ですが、実はその逆で限度枠ギリギリのところまで借りていると枠を広げてくれる可能性があるのです。

不思議な感じですが、この理由としては消費者金融や銀行としては、一人の顧客に多くの額をたくさん使ってくれていた方が、

他の業者からお金を借りていくようなことになる可能性を限りなく少なくすることができます。

総量規制で枠の上限がありますので、その枠を全部自社で囲い込みたいというわけです。

どうしてそうしたいのかというと、自社ですべて情報を管理できれば貸し付けをする際にも手間が多くかからない部分があります。

また、自社のみで管理していれば、もし何かあった時でも自社に返済を集中することができますからリスク管理という面でも

かなり楽になるのです。

枠がいっぱいでもう借りることができないような時でも、申請をしてみれば案外すんなりととおる可能性がありますので、一度申請をしてみるといいでしょう。