おまとめローンは、限度額が大きく低金利な銀行カードローン

現在、複数の消費者金融系カードローンでキャッシングを利用していて、、其々への毎月の返済額も大変という方や、返済日がまちまちだがら管理が大変という方は、より大きな限度額のカードローンを申込み、1つにまとめてしまった方が、毎月の返済額も抑えられることが多いですし、返済日をあれこれ気にしなくて安心です。所謂おまとめローンと呼ばれるものです。

おまとめローンとするには、現在複数のカードに散らばっている借入残高を、全てまとめられるだけの限度額をもったカードローンでなくてはなりません。1社・2社残ってしまうと、その返済もあるのでおまとめローンの良さが生かされにくくなってしまうのです。

消費者金融系のカードローンも、限度額が大きなものも多くなりました。しかし、どんなに大きな限度額を希望しても、総量規制の範囲内、つまり年収の1/3迄しか借りられないので全てをまとめるには、少ないと思います。更に、総量規制は1社毎ではなく、借入している全ての金融機関の合計金額も反映されてしまうので、これから消費者金融系カードローンに申込もうとしても、残されたパイは小さなものになっていると思われます。

全てをおまとめローンとし、更に余裕も欲しいと考えるなら、やはり銀行系のカードローンです。銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、安定した収入の方でしたら、200万円~300万円といった限度額を得ることも可能です。低金利のものも多くあります。

おまとめローンを検討するなら、限度額が大きく低金利な、銀行系カードローンをお薦めします。

キャッシングの限度額の決まり方

キャッシングを利用するに当たって「総量規制」というものは切っても切り離せないものです。これは貸金業法で定められている言わば貸し出し可能額を決める指標です。

総量規制とは申込者の年収より3分の1以下にあたる金額までしか貸し出すことができないというものです。一つの業者につきというわけではなくその人が借り入れする全業者の借入額の合計が3分の1になるように計算しなければなりません。

各金融業者はフリーローンを貸し出す際はこの総量規制で査定するために利用者の年収を把握する必要があるのです。ですが、この総量規制の対象になるのはあくまでもフリーローンであって、この規制を受けないものもあります。

それがマイカーローン、住宅ローン、おまとめローンなどに代表される目的別ローンと呼ばれるものです。利用する用途が明確にわかっているローン契約については審査を行った上で基準上問題がなければ借り入れを受けることができるのです。だからこそ年収400万円が平均といわれているサラリーマンでも住宅ローンを組んで家を建てることができるわけです。ですがあくまでも総量規制は貸し出し可能な最高額を定めるものですので、借り入れ審査を行う業者によって貸し出し可能額は変ってきますので要注意です。