銀行ローンは利用目的に合わせて使い分ける

銀行ローンとして思い浮かぶのは、以前は目的ローンやフリーローンが一般的でした。しかし、改正貸金業法が完全施行された2010年以降、総量規制により借入れが出来なくなった人たちが銀行カードローンを利用するようになったことで、カードローンの貸付残高は増加を続けています。銀行カードローンは、銀行法という貸金業法とは別の法律に基づく貸付となるので、総量規制の影響を受けません。元々利息制限法で定められている上限金利よりも低金利で貸付を行なっていたので、今まで消費者金融や信販会社からの借入れを行なっていた人にとっては、金利が低いことに驚く人もいました。

銀行が取り扱うローンの中では、金利が2桁となるカードローンは高金利商品に入ります。目的ローンならば、利用目的に合致した借入れかどうかを審査するので、低金利融資を行なっても浪費に使われるわけではなく、返済率が高く維持できました。しかし、カードローンは、フリーローンよりも更に借入れが利用限度額の範囲内で何度でも繰り返し利用できることから、返済よりも借入れの利便性が注目される結果となっています。目的がしっかりしていれば目的ローンを利用し、生活費決済ならばカードローンを利用するといった棲み分けが必要となるでしょう。

銀行ローンは金利が安くてとても利用しやすい

カードローンでお金を借りている人たちはとてもたくさんいますが、カードローンは消費者金融と銀行の二つに分かれています。消費者金融は金利がとても高くサービスは非常に便利ではありますが、毎月の返済が厳しくなる可能性もありますので、銀行でカードローンを借りる要件を備えている人は銀行でカードローンを利用した方が圧倒的にメリットが高くなります。

銀行で借りるためにはある程度の審査基準を満たしていなければなりませんが、最近では銀行のカードローンも審査に合格しやすいと言われていますので、消費者金融で申し込み行う前に、銀行のカードローンに申込み行った方がお得になります。

金利というものは甘く見ていてはとても損をしてしまいますので、少しでも金利が安い銀行でお金を借りるということが当然のことであります。消費者金融でも無金利のサービスを行っている業者もありますが、基本的に銀行でお金を借りた方が将来的な面からしましても圧倒的にメリットが高く、銀行でありますので安心感がまったく違ってきます。審査時間はある程度長くかかってしまいますが、それでも銀行のカードローンに申し込み行った方が圧倒的に得だということです。サービスの品質も接客もレベルは高い銀行が多いので、借りることができるならば銀行で借りるようにしましょう。

銀行カードローンには様々なメリットがある

カードローンには、消費者金融系と銀行系の2種類があります。

どちらも良い点はありますが、よく選ばれているのは銀行カードローンになります。
それは、銀行カードローンには様々なメリットがあるからです。

まず1つ目は、金利の低さです。

これは言わずと知れたメリットであり、この理由から銀行カードローンを選んでいる方もいるくらいです。
中には3.0%からという、かなり低い金利を設定しているところもあります。
一番高くても17.0~18.0%くらいと、かなり良心的な設定になっています。

2つ目は、借入れと支払いのしやすさです。

銀行が発行しているだけあって、ATMがあればすぐに借入れや支払いができます。
これなら会社帰りでも利用が可能ですから、とても利便性が高いです。
わざわざ窓口まで行かなくていいのは、かなり高いメリットと言えるでしょう。

3つ目は、安全性です。

銀行という、お金に関してのエキスパートが集まった場所から利用なので、かなりの安心感があります。

セキュリティに関しても万全な対策を取っている為、トラブルも起こりにくいです。
サポートもしっかりとしているので、初めての利用でも安心です。

借入額も消費者金融より高く設定されていますから、大きな額を利用したい方にも向いています。

銀行は審査面で厳しくなりがちなイメージがありますが、現在はパートやアルバイトでも利用できるところが多いです。
安全な借入れがしたい、金利を低くお得に借入れがしたいなら、銀行カードローンはとても魅力的になります。