節約でまず最初に見直すのは食費!!

家族で豪華客船旅行にいくのが夢の主婦です!収入を増やす努力をすることはもちろんですが、同時進行で節約もすれば、どんどん貯金が貯まっていきます!

節約は、幼少期から家族で取り組んでいたり、一人暮らしをするようになってから始めたり、と多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか?

ただそこで多くの方が陥りやすい失敗があります。

それは、食費や被服費などを削ること!

節約の為といって食事量を極端に減らしたり、必要な衣服や防寒具などの購入を躊躇っていては、体調不良を引き起こして仕事に行けなくなったり(=収入が減る)、病院や薬に頼らなければならなくなります(=出費が増える)。もちろん毎日コンビニで無駄なものまで買ってしまうとか、毎月洋服を買って同じようなアイテムがたくさんあるというならば、無駄は削らなければ節約できませんが。

節約するためにまず最初に見直すのは、ズバリ!固定費です!

固定費とは、毎月ほぼ決まった金額の出費のことで、例えば家賃や水道光熱費やインターネット料金、各種保険料等のことです。

最近は携帯電話を格安スマホにのりかえる人が増えていますが、これも賢い節約のひとつですね!

様々な理由でのりかえができない人でも、携帯料金プランや不要なオプションに加入していないかチェックしてみてください。私の家庭ではスマホ夫婦2台分+インターネットを使用していますが、のりかえ無しで月10000円安くすることができました。

他には、車の任意保険や医療保険を見直して、月8000円以上安くすることができました。

水道光熱費の節約は、節水コマを使ったり古い家電は省エネタイプのものに買いかえました(リサイクルショップなら1~3年落ち程度で格安で買えます)。

また、もう1つお得な節約方法として、これらの固定費は可能な限りクレジットカード払いにすることです。

なぜなら、クレジットカード払いをすることでポイントが貯まるからです。

最初は手続きなど面倒かもしれませんが、一度支払い方法を設定してしまえばあとは何もしなくとも、どんどんポイントが貯まっていきます。

貯まったポイントでお買い物をしたり、欲しい商品に交換できたりします。私は化粧品はポイントで買うと決めているので、私の美容代は実質無料です♪

節約は固定費を削ることが重要

節約をするならまず固定費を少なくしていくことが重要だと思います。

まず仕事やプライベートに必ず必要になってくる携帯の料金についてです。

ソフトバンクやドコモのキャリアを使っている場合には月々10,000円以上かかってしまう携帯の料金、頻繁に動画を見たりする方はもっとかかってしまうかもしれませんね?

その月々の携帯料金をSIMフリー端末を使うことによって月々3000円ほどで抑えることができます。

シムフリー機を利用して格安SIMを契約することによって、月々の支払いを3000円ほどに削減することができると思います。

また自宅にいる場合にはWi-Fiを運用して家の中ではデータ通信はWi-Fiで全て済ますようにすれば自宅のインターネットの料金と携帯の月々の料金を全て含めても10,000円以内に抑えることができると思います。

携帯の月々10,000円の料金が12ヶ月で120,000円、自宅のインターネットの料金光回線月々5000円を12か月で60,000円、両方合わせて180,000円です。

SIMフリー端末を使って支払い額を抑えることによって携帯料金と自宅のインターネット合わせて月々10,000円を12か月で120,000円となり、少なく見積もっても年間 60,000円の節約になる計算です。

利息は思いのままに節約できるキャッシング

キャッシングはカードローンやクレジットカードのキャッシング機能を使って、ATMなどでお金を借りることですが、住宅ローンなどと異なり、年利がかなり高めです。自由な資金用途で借りることはできますが、あまりに長期間借りすぎると利息が多く取られてしまいます。

しかし、キャッシングで便利なところの一つとして、基本的に返済のタイミングが自由なところが挙げられます。利息は日割りで計算されるため、1日でも長く借りればその分だけ利息がかかります。逆に言えば、1日でも早く返せば利息を抑えることができます。一括で返済しなくても、資金が出来たらその都度返していくことにより、元本が減り、総支払利息も抑えられるので、返すあてはあるけど今まさにピンチという人にはお勧めできます。