バンクイックより楽天銀行スーパーローンの方を選ぶ2つの理由

銀行カードローンを利用する時に大手銀行のカードローンの三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックとネット銀行のカードローンの楽天銀行スーパーローンのどちらにするか迷ってしまう人が多いです。

大手銀行のカードローンの方が安心感があるのでバンクイックを選ぶ人が多いですが、最近では楽天銀行スーパーローンを選ぶ人も増えてきています。そこでなぜバンクイックより楽天銀行スーパーローンの方を選ぶのか理由を挙げていくことにしましょう。

・ネットですべての手続きをする事が出来る

バンクイックを利用する時は来店して手続きをする事も出てくるので住んでいる場所の近くに銀行がないとすごく不便です。しかし楽天銀行スーパーローンを利用する時はネットですべての手続きをする事が出来るのですごく便利です。楽天銀行スーパーローンの方が利便性が高い点が選ばれる理由になります。

・上限金利が低く設定されている

バンクイックの上限金利は14.6%、楽天銀行スーパーローンの上限金利は14.5%で設定されていて楽天銀行スーパーローンの方が0.1%低くなっています。0.1%だとあまり変わらないような気もしますが、多額の借り入れをする時は影響してくるので上限金利が低く設定されている楽天銀行スーパーローンを選ぶ人が多いです。

楽天銀行のカードローンはおまとめローンとして利用可能

複数の金融機関からフリーキャッシングなどの借り入れをしている場合、各社によって借り入れ金や金利は異なるでしょうし、毎月の返済金額や返済期日も異なることが考えられるため、自分が一体どれくらいのお金を借りていて、返済が終わるのはいつ頃になるのかなどが分かりにくく、返済管理は難しいものだと考えられます。

複数にまたがるカードローンやキャッシングを一つの借入先にまとめ、一本化することができるローンのことをおまとめローン等と言い、返済に便利な商品といえるのですが、楽天銀行のカードローンはおまとめローンとしても利用可能なので、複数社からキャッシングをしている人にはおすすめできます。

楽天銀行のカードローンは総量規制対象外なので、キャッシングの総額が年収の3分の1を超えていても利用可能ですし、楽天銀行カードローンの金利は最大でも年14.5%と低く設定されているので、消費者金融などの商品から借り換えることで、支払利息を大きく削減できる可能性が高いのです。

楽天銀行のカードローンに借り換えることでどのくらい利息が減るのかについては、事前に返済シミュレーションで確認ができるので、しっかりチェックしてからおまとめローンとして利用すると良いでしょう。