消費者金融の審査って何をするの?

消費者金融の審査がどのように行われているかカードを申し込む人はその方法が気になる方も多いと思います。審査は大きく分けて2つあります。1つ目は本人確認です。申し込み時基本情報をまず伝えます。住所、電話番号、勤務先、住宅の種類などです。伝えた情報を元にこの内容に虚偽がないかどうか確認をされます。確認方法は免許証や保険証の提示、勤務先に関しては在籍確認と言って個人名で勤務先に連絡が行きます。また専業主婦など勤務していない方は自宅に確認の電話がいく場合もあります。

2つ目は収入や他社の借り入れ状況について確認をされます。収入に関しては給料明細や源泉徴収書の提示を求められます。他社の借り入れ状況については信用情報機関というところに申し込みした人が他社からの借り入れ総額や件数、支払いの遅れがなかったかなどわかるようになっております。それを元に融資をしても返済をしていけるだけの余裕があるかどうか調べられることになります。

これらのことが審査で行われた上で融資を受けられることになります。

便利なキャッシングを申し込みたい!審査の流れってどうなってるの?

キャッシングは色々と条件があるものの、条件やルールをきちんと守って賢く付き合っていけば、私たちの人生において心強い味方になってくれるものです。

これから便利なキャッシングを申し込みたいけれど、初めてだという場合には審査の流れがどのようになっているか気になりますよね。

基本的なキャッシング審査の流れは、大手金融や有名な企業であればさほど変わりません。

まずはキャッシングの審査を受けるための申込書を記入します。

正しい名前や生年月日や住所、お勤め先や年収など審査に必要な情報を記入していきます。

ここでは絶対に誤情報やごまかしはNGです。

申込書を提出すれば、キャッシング会社側が勤務先の信頼度や状況、年収などを審査して、それぞれの項目に点数をつけていきます。

この点数がキャッシング可能なラインに到達すれば、キャッシング利用可能だと判断されます。

スコアによりキャッシングOKだと判断されれば、本人への電話確認で内容や意思に変わりがないことをチェックされます。

このスコアがキャッシング可能なラインまで到達しなければ、審査で落とされることになります。

また審査のスコアによって、どれだけ利用できるかという枠も決められます。

これらの審査の流れを経て、キャッシングに必要なカードが発行されるか、審査に通りませんでしたというお断りのお手紙が届くのです。

カードローンの増額申込みは慎重な判断をすべきです

カードローン審査を通過する方法として、希望借入額を少なく申告して申込みを行なうと良いとされています。しかし、審査に通過して使い続けているうちに、利用限度額が少ないと不満に思うこともあるでしょう。利用規約上では、一定期間を経過すれば増額申込みが出来ると記載されているので、気軽に増額申込みが出来ると考えがちです。しかし、増額申込みにはリスクが伴うことを理解した上で行わなければ、後悔だけが残る可能性があります。

消費者金融の増額申込みは、手軽にいつでも行えるという案内を出している会社もあり、不定期に増額申込みを誘導する電話がかかることが少なくありません。しかし、審査担当部署と増額申込みを案内する部署が全く異なるので、単なる増額申込み誘導に乗ってしまうことだけは避けなければなりません。なぜなら、消費者金融における増額申込みは、新規申込みに準じた再審査という扱いとなるからです。増額だけでなく減額や利用停止措置に至る可能性が有る点を十分に説明した上で、増額申込みを誘導すべき所ですが、審査部署と増額申込み誘導は別に動いているので、基本的に配慮されることは無いでしょう。増額申込みは、初回申込時に比べて年収がアップしていたり、信用実績を積んでいると確信出来る場合にみに限定すべきです。

カードローンやキャッシングの注意点

ネットで審査完了!即日融資も可能なキャッシング特集
http://www.cie-mt.org/

カードローンやキャッシングは、その特徴を知る事で、もっとお得に利用することができるようになります。
上手に賢く利用するためにも、各消費者金融のサービス内容を、確認しておくと良いでしょう。

またインターネットなどを利用して比較サイトを活用してみるのも、良い方法と言えるのではないでしょうか。
カードローンやキャッシングを利用するためには、申し込み後に、審査に通る必要があります。

安定した仕事についていて、借金などのトラブルがない場合は、ほとんどの方は審査に通ることができるでしょう。

基本的に仕事をしていない場合は、審査に合格することができません。
カードローンやキャッシングは、お金を借りて返済することが大切なので、返済できる能力がない場合は、落とされてしまうということです。

そうならないためにも、しっかりと仕事について、安定した生活を送れるようにしておくことが大切ではないでしょうか。
また実際にカードローンやキャッシングを利用した場合は、しっかりと返済計画を立てて、返済できるようにしましょう。

実際に借りる金額は、無理なく返済することができる金額にする事が大切です。
お金に困っている場合は、借りる事だけに意識を集中してしまう場合があるので、返済の事も考えながら、利用するようにしましょう。

カードローンやキャッシングは、便利に使える一方で返済ができなくなってしまっては信用情報が傷ついてしまうので、上手にコントロールしていきましょう。