利用金額の大きさで選ぶなら銀行のカードローン

ごく少額のお金を借りたいというときには審査のスピードも早く、すぐにお金を借りられる消費者金融のキャッシングが便利です。しかし、消費者金融のキャッシングの場合には総量規制の対象となっているので、自分の年収の三分の一を超える金額は借りることはできない規則になっています。もしも、すでに消費者金融のキャッシングなどでお金を借りている人の場合、さらに借入可能な金額が減ってしまうことになるので、ある程度のまとまった金額を借りたいというときには消費者金融のキャッシングはその希望に添えない場合もあります。

もしも、ある程度まとまった金額を比較的手軽に借りたいというときには銀行カードローンに申し込んでみることをおすすめします。銀行カードローンは消費者金融のキャッシングのように総量規制の対象となっていないからです。つまり、銀行カードローンでは年収の三分の一までという借入額の上限がなく、審査の結果次第ではキャッシングよりも多く借り入れることが可能だからです。ただし、銀行カードローンであっても最初から利用限度額が大きいわけではありません。収入や利用実績などに応じて段階的に利用限度額が上がっていくので、最初から大きな金額が借りられるとは限らないという点についてはあらかじめ理解をしておくようにしましょう。

銀行ローンは利用目的に合わせて使い分ける

銀行ローンとして思い浮かぶのは、以前は目的ローンやフリーローンが一般的でした。しかし、改正貸金業法が完全施行された2010年以降、総量規制により借入れが出来なくなった人たちが銀行カードローンを利用するようになったことで、カードローンの貸付残高は増加を続けています。銀行カードローンは、銀行法という貸金業法とは別の法律に基づく貸付となるので、総量規制の影響を受けません。元々利息制限法で定められている上限金利よりも低金利で貸付を行なっていたので、今まで消費者金融や信販会社からの借入れを行なっていた人にとっては、金利が低いことに驚く人もいました。

銀行が取り扱うローンの中では、金利が2桁となるカードローンは高金利商品に入ります。目的ローンならば、利用目的に合致した借入れかどうかを審査するので、低金利融資を行なっても浪費に使われるわけではなく、返済率が高く維持できました。しかし、カードローンは、フリーローンよりも更に借入れが利用限度額の範囲内で何度でも繰り返し利用できることから、返済よりも借入れの利便性が注目される結果となっています。目的がしっかりしていれば目的ローンを利用し、生活費決済ならばカードローンを利用するといった棲み分けが必要となるでしょう。