キャッシングの利息と月返済上限額

キャッシングを初めて利用するに当たって一番不安に感じるのは利息についてだと思います。

きちんと利息を把握して、無駄な支払いをしないよう気をつけたいものです。

利息の計算式は「借りたお金×金利%÷365日×借りた日数」です。

これを踏まえた上で注意したいのは「月々の返済上限額」の設定です。

例えば10万円借りた場合、返済上限額が5000円になっていたとします。すると10万円返すのに20ヶ月もかかることになり、「借りた日数」分の利息が加算されてしまいます。

上限額を10万円にしておけば、翌月に元金を返済できる事になり、利息は30日分で済みます。

ネットなどで申し込みをする場合は特にこの「月々の返済上限額」の設定を忘れがちです。会社によっては初期設定が低額になっている場合があるので、気づかないうちにダラダラと利息を取られていた、という事になりかねません。

また、途中でそれに気づいた場合、払える額であれば「一括返済」してしまう事をおすすめします。そうすればそれ以上の利息を払わなくて済みます。

常に自分が借りているお金と支払いプランをしっかり把握していれば不安は解消され、賢くキャッシングを利用することができるでしょう。