お得にする為にキャッシングを見極める

お金に困ってしまう際に誰にも知られたくないと考える人も少なくありません。そんな時に役立つのが消費者金融のキャッシングです。まず消費者金融で借入をする際には保証人や担保も不要になっているので、誰にか保証人のお願いをしたりする必要もないので、返済ができない場合に迷惑をかける心配もないのです。もちろん返済は確実に行う事が大切なので、利用する際には返済計画をしっかりと立てる事も重要です。また消費者金融業者の選び方自体にも気を配る必要があります。どの業者のサービスが、自分のニーズに合っているのかしっかりと見極めるようにしましょう。まず第一に考えたいのは金利です。借入金が多い場合は、金利による利息の返済に差が出てくるので、非常に重要な部分だと言えるのではないでしょうか。

借入は必要な分を借りて、返済期間は短くする事が利息を減らす事に繋がります。しっかりと金利は比較して消費者金融を選ぶようにしましょう。また消費者金融では様々なキャンペーンを展開している場合が多いですが、キャンペーンを上手に利用するとさらにお得に利用できるようになります。無利息キャンペーンの場合は、借入した金額のみを返済する事になるので、利息を支払う必要もなくなるので多くの方にとってメリットがあるのではないでしょうか。

キャッシングで何か便利になるのか

キャッシングと聞いてもどのように利用するのかイメージできない方も多いのではないでしょうか。 何となくお金を借りれそうなイメージはありますが、借金が増えるなどのマイナスになってしまうイメージもあるのでは。キャッシングとは消費者金融などが行なうサービスですが、お金を借りたい方の信用を担保にして融資を受ける事ができるサービスです。メリットとして、基本的に保証人も必要ないので、便利に活用している方も多いようです。借入額は借入限度額以内で利用する事になりATMなどですぐに引き落とせる事になります。

全国にあるATMやキャッシュディスペンサーなどを利用する事で、24時間引き落としが可能になっています。契約は最近ではインターネットでの契約も増えてきています。実際に店頭に足を運ぶ手間もなくなるので、女性などにも嬉しいサービスではないでしょうか。銀行などではクレジットカードを作ることでキャッシングすることができますし、カードさえ作れば後から、いちいち審査する事もないので便利にキャッシングを利用出来るのではないでしょうか。もちろんキャッシングの利用は、小額に抑える方がいいでしょう。大きな買い物などはローンなど組むなどするようにして、キャッシングと使いわける事により便利に利用する事が出来るでしょう。

キャッシングの利息と月返済上限額

キャッシングを初めて利用するに当たって一番不安に感じるのは利息についてだと思います。

きちんと利息を把握して、無駄な支払いをしないよう気をつけたいものです。

利息の計算式は「借りたお金×金利%÷365日×借りた日数」です。

これを踏まえた上で注意したいのは「月々の返済上限額」の設定です。

例えば10万円借りた場合、返済上限額が5000円になっていたとします。すると10万円返すのに20ヶ月もかかることになり、「借りた日数」分の利息が加算されてしまいます。

上限額を10万円にしておけば、翌月に元金を返済できる事になり、利息は30日分で済みます。

ネットなどで申し込みをする場合は特にこの「月々の返済上限額」の設定を忘れがちです。会社によっては初期設定が低額になっている場合があるので、気づかないうちにダラダラと利息を取られていた、という事になりかねません。

また、途中でそれに気づいた場合、払える額であれば「一括返済」してしまう事をおすすめします。そうすればそれ以上の利息を払わなくて済みます。

常に自分が借りているお金と支払いプランをしっかり把握していれば不安は解消され、賢くキャッシングを利用することができるでしょう。

モビットにおけるキャッシングの体験談

どうしてもお金がなくなってしまうことはあります。私の場合は、どうしても仕事のやる気を起こすことができずにずっと働かないでいた所、生活していくお金がなくなってしまった経験があります。

最近の若者は真面目でしっかりとしている人間が多いため、そこまで頻繁にある話しではないかもしれませんが、昔はそのような金欠の話は身近な人にも日常茶飯事のようにありました。一度勤めていた会社を辞めてしまってから、どうにも何かをする気力さえ起こすことができない状態でした。

そしてただボーっとしてばかりいるうちに、生活費がなくなってしまうのです。食べるものを買うお金すらなくなってしまった時、さすがにこのままでは死んでしまうと思い、キャッシングを活用することにしました。私が利用したのはモビットです。夏菜さんと竹中直人さんが出演しているCMを一度も目にしたことがない人はほとんどいないはずです。

このモビットは、WEB完結という仕組みが非常に優れものだと感じました。幸いなことに携帯料金だけは支払っていたため、スマートフォンは使えたのです。電話も郵便物も一切ないため、親族などばれたくない人にばれてしまうことを心配せずに済みます。またモビットはとにかく操作が簡単にできるよう工夫がされているなあと感じました。

キャッシングで本人確認が求められる理由

キャッシングサービスは利用者の信用に応じる形で提供されています。そのために厳正な審査が行われ、サービスの提供主はリスクマネジメントを行っているのです。

審査の過程で行われる本人確認はその一環ですが大きな意味があります。それは総量規制に抵触していないのを確かめる事です。総量規制は年収の三分の一以上の借金を認めないという法律で、総量規制対象外の目的を除いて全て適用されます。つまり業者に通知した年収がキャッシングサービスの利用者本人のものでないと、法律を違反している可能性が生じるのです。

審査時に提出受け取ったデータとキャッシングサービスを利用したがっている人物が無関係であれば、業者は借金が返されないというリスクを抱えるだけでなくコンプライアンスの問題にもなります。コンプライアンスを軽視した企業は信頼を失われるので、今後の経営にも悪影響が生じるのです。

一人の顧客の借金が完済されないよりも、コンプライアンス違反によるダメージは大きいと言われています。本人確認の精度はキャッシングを担当している業者の生命線と言っても過言ではありません。時間を掛けて入念なチェックが行われるのは必然だと言えます。ただし本人確認に時間を用いすぎると顧客が離れてしまうので限度も大切です。

キャッシングの限度額の決まり方

キャッシングを利用するに当たって「総量規制」というものは切っても切り離せないものです。これは貸金業法で定められている言わば貸し出し可能額を決める指標です。

総量規制とは申込者の年収より3分の1以下にあたる金額までしか貸し出すことができないというものです。一つの業者につきというわけではなくその人が借り入れする全業者の借入額の合計が3分の1になるように計算しなければなりません。

各金融業者はフリーローンを貸し出す際はこの総量規制で査定するために利用者の年収を把握する必要があるのです。ですが、この総量規制の対象になるのはあくまでもフリーローンであって、この規制を受けないものもあります。

それがマイカーローン、住宅ローン、おまとめローンなどに代表される目的別ローンと呼ばれるものです。利用する用途が明確にわかっているローン契約については審査を行った上で基準上問題がなければ借り入れを受けることができるのです。だからこそ年収400万円が平均といわれているサラリーマンでも住宅ローンを組んで家を建てることができるわけです。ですがあくまでも総量規制は貸し出し可能な最高額を定めるものですので、借り入れ審査を行う業者によって貸し出し可能額は変ってきますので要注意です。

効果的なキャッシングの増額申込み方法

キャッシングというのは、申し込んで審査に通れば使えるようになります。つまり、具体的にお金を借りることができるようになるのです。
しかし、だからといって自分の望むがままの金額を借りられるわけではありません。

キャッシングには必ず利用枠があって、借り入れができるのは、あくまでもその枠内のお金だけです。

たとえば利用枠が50万円のキャッシングなら、最大で50万円までの借り入れが可能です。
もしも50万円一度に全額借りてしまえば、それ以上は1円も借りられません。
ただし返済が進んで利用枠が幾らか復活すれば、復活した分の借り入れは可能となります。

そんなわけですからキャッシングの利用者は、なるべく利用枠を大きくしておきたいと願う人が多いのです。
しかし、大きな利用枠を希望してキャッシングに申し込んでも、それが認められるかどうかは審査次第です。

実際、100万円の枠を希望して申し込んでも、審査の結果、50万円しか認めてもらえないことなんかはザラにあるのです。

ただし、一度利用枠が設定されたキャッシングでも、後から利用枠を増やしてもらうことは決して不可能ではありません。
キャッシング会社に増額申込みをして、その審査に通りさえすれば良いのです。そうすれば利用枠は増やせます。

ただし、ここで注意しなければならない点は審査です。審査に通れば良いのですが、落ちれば駄目だということです。
それに増額申込みの審査というものは、そもそも易しいものではありません。それはそうでしょう。

顧客から「枠を増やしてください」と頼まれたからといって気軽に応じていたら、貸し倒れのリスクが一気に高まってしまいます。どこの会社も、そんなリスクを負うはずがありません。

ですから効果的な増額申込みについて現実的に考えると、最も良い方法は、キャッシングの利用実績を積み重ねて会社から信用を得ることです。
そうした信用さえ得られれば、きっと増額して貰えます。ただしそのためには、長年にわたる地道な努力が必要です。

信用とは、短期間に一気に得られるものではないのです。