無利息期間の活用でキャッシングをお得に

比較的少額となるキャッシングを行なっている消費者金融では初回の利用時に無利息となる期間を設けているところもあります。

無利息期間は過ぎてしまうとその日から利息が発生しますが、それでも短期での完済が可能であれば返済総額において銀行カードローンよりも安く済む場合もあります。

一見すると消費者金融よりも金利の低い銀行カードローンの方が返済額が少なくて済むようにも思えますが、あらかじめ期間を決めることやサービスを利用することで消費者金融の方がお得に利用することもできるのです。

キャッシングを利用する際には単純に金利だけを比較するのではなく、金融機関が扱っている各種サービスについても知っておくことが大切です。

案外ゆるくてびっくりなキャッシングの審査

先月、とある消費者金融にキャッシングの申し込みをしました。正直ダメ元だったのですが、まさかの一発OK。これには本当に驚きました。というのも、私の収入はかなり少ない方だからです。普段は節約しているので毎月貯金はできていますが、とにかく手取りの収入が少ない上に一人暮らし。みんなからはよくそのお給料で貯金できるねと驚かれるほど。

しかし、冠婚葬祭や自分の怪我などで貯金が尽きてしまいました。そんな時に資格の申し込みが迫ってしまい、給料日前だったのでダメ元でキャッシングの申し込みをしたわけなんです。案外キャッシングの審査ってゆるいのでしょうか、本当に賭けのような気持ちで申し込みをしただけに驚きです。

とはいえ借金を背負ったことになりますので、今後はまた気持ちを財布の紐をしっかり締めて頑張っていこうと思います。

キャッシングは個人の信頼の積み重ね! 本当に困った時を見据えて利用しましょう。

キャッシングと言えば「大丈夫かな~」、「恐い人が来るかも…」そんな不安をお抱えの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。でも、それは安心。キャッシングは悪い事ではないのです。返済日までに予定通り支払いさえ済ませれば何のペナルティーもありません。それどころか与信基準の積み重ねに繋がります。「いきなり大金を貸して欲しい」状況に陥ってもお付き合いがあった方が断然有利なので、キャッシングの日常利用は案外重要だと言えますね。

世知辛いご時世、どうしても財布が寂しい、買いたいものがあるのに少し足りない、彼女との記念日前にどうしよう…。こういったお悩みを抱え、誰にも相談できない事ってありますよね。それが特にお金の問題であれば尚更です。でも、キャッシングで済めばその問題は一人で解決できます。そして、必ず返済計画を立てましょう。返済計画だってなにも難しい事は有りません。1月1万円ずつでも受け付けてもらえますよ。「今月は少し余裕あるな」なんて時には多めに返したりもできるので安心。ある意味、お金の出入りに敏感になるので普段であれば浪費していたはずのシチュエーションでも余計な出費を抑えたり、お金に関する意識が向上します。

レイクALSAでのキャッシングについて

レイクALSAは、実質年率4・5%から18・0%で、1万円から500万円までの融資が可能です。

申し込みから借り入れまで最短60分の融資が可能になっています。

審査結果の表示までであれば最短15秒です。

また、21時まで(日曜日は18時まで)の契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中の振り込みにも対応可能になっています。

そして、期間限定ではあるもののキャンペーンとして初めての契約で、尚且つ借入額が1万円から200万円の場合には60日間利息が無料になります。

多くの場合、30日間の利息無料が一般的ですがその倍の無利息期間が設定されています。

アプリを利用することによりカードレスでの借り入れが可能です。

レイクALSAは審査から借り入れまでの早さ、長い無利息期間が魅力のキャッシングと言えます。

利息は思いのままに節約できるキャッシング

キャッシングはカードローンやクレジットカードのキャッシング機能を使って、ATMなどでお金を借りることですが、住宅ローンなどと異なり、年利がかなり高めです。自由な資金用途で借りることはできますが、あまりに長期間借りすぎると利息が多く取られてしまいます。

しかし、キャッシングで便利なところの一つとして、基本的に返済のタイミングが自由なところが挙げられます。利息は日割りで計算されるため、1日でも長く借りればその分だけ利息がかかります。逆に言えば、1日でも早く返せば利息を抑えることができます。一括で返済しなくても、資金が出来たらその都度返していくことにより、元本が減り、総支払利息も抑えられるので、返すあてはあるけど今まさにピンチという人にはお勧めできます。

何よりも重要!キャッシングの本人確認

キャッシングを利用する際には、本人確認をしっかりすることになります。本人確認ができなければ、融資を受けることはできないといっても過言ではないでしょう。本人確認が重要視される理由については、キャッシングサービスを提供する金融機関の利益を守ることはもとより、社会ルールの基本を遵守するという意味からも重要です。

万一、本人確認を軽視するような金融機関を見つけた場合には、注意深く監視する必要があります。いわゆる、マネーローンダリングや振り込め詐欺などの温床にもなりかねません。高品質なサービスを提供し続けるためには、本人確認などの基本的部分を何よりも厳正に行うべきです。これからキャッシングサービスを受けようとする人も意識したいものです。

いろいろな手段で申し込みができるキャッシングのサービス

近所にキャッシング業者がない場合、キャッシングの申し込みをするには非常に手間が掛かってしまうように思われますが、現在では従来のように店舗でキャッシングの申し込みをするだけではなく、さまざまな申し込み方法に対応しています。

多くのキャッシング業者では店舗のほかにも電話やネット、自動契約機からのキャッシングの申し込みに対応しており、消費者は自分に最適な手段でキャッシングの申し込みをすることができるようになっています。そのため、住んでいる場所や時間の制約を受けずにいつでもキャッシングに申し込めるので、お金が急に必要になったというときでもキャッシングならばすぐに手続きができ、最短で即日融資を受けられるので安心です。

未成年のキャッシング契約は可能?親権者の同意が必要!

新社会人といっても、20歳以上の人だけでなく、高校を卒業した19歳以上の人がいます。働いていれば、安定した収入があり、返済能力はあることになります。しかしながら、銀行や大手消費者金融の場合、申し込み条件は20歳以上となっているため、契約ができません。

ですが、中小消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠の場合、少額であれば契約できるケースがあります。しかしながら、未成年の場合は現状、親権者の同意が必要であり、内緒での契約はできません。また、契約可能といっても親権者により契約破棄が可能ということから、消費者金融にとってはリスクが高く、融資を受けられる金額が少なく、利用目的や返済計画が明確でなければ融資が受けられる可能性は厳しくなります。

キャッシングの限度額については総量規制に注意を

キャッシングの限度額は利用者に対して業者が個別に設定したもののほかに、年収に応じて設定されるものもあります。

前者の限度額についてはキャッシングの利用実績と返済実績を積み上げていくことで将来的には限度額のアップが可能になりますが、後者の限度額についてはキャッシングの利用者の年収がアップしない限り変動することはありません。

年収に応じて設定される限度額は総量規制という法律で定められていることだからです。そのため、キャッシングでは最大でも自分の年収の三分の一までという金額が借入可能な気が金額となります。これから初めてキャッシングを利用するというときには、その点について念頭に置いておくようにしましょう。

キャッシングの限度額を高くするためには

キャッシングサービスと言うのは限度額があるわけですが、これは高くする申請をすることもできます。増額申込みというものであり、これによって限度額を高くして貰うための審査をしてもらうことができます。当然、収入が必要であり、そして、信用と言うのが必要になります。実績といってもよいでしょう。

それがあるからこそ、限度額を増やしてもらうことができるようになるのです。しかし、それでも確実ではないです。そもそも確実に増やせるということをこちらからのアピールでわかるわけもないのです。しかし、必要であれば申込みはする価値があるといえるでしょう。ですが、無理なく借りること、つまりは返済を意識することはかなり重要なことになります。