カードローン選びに信用金庫も加えてみよう

カードローン選びをする際には、多くの人が消費者金融や銀行を思い浮かべるでしょう。確かに広告費を使い宣伝しているので、消費者金融や銀行カードローンは有名です。しかし、全ての人にとって消費者金融や銀行カードローンが適しているとは限らず、地域密着型の信用金庫が行なうカードローンを選択肢に入れても良いでしょう。信用金庫は、信用金庫法に基づく営業を行っているので、貸金業法による影響を一切受けません。貸金業法では、年収の1/3を超える融資が原則として禁止されていますが、信用金庫カードローンならば、審査次第で年収の1/3を超える融資を受けることも可能です。

年収の1/3という数字が大きいものと考えがちですが、専業主婦は本人に収入が無いので、基本的に総量規制に抵触します。配偶者の収入で生活出来ていて、実質的な家計管理を専業主婦が行っている点は変わりません。配偶者の収入を基にした審査が出来るのは、銀行と同様に信用金庫も貸金業法による影響を受けないからです。借りすぎや過剰貸付は問題となりますが、少なくとも世帯収入による審査をしっかり行なうことで防げるでしょう。信用金庫は、地域の発展を目的としているので、無理な融資を行わないことで知られています。

信販会社やクレジットカード会社のカードローンを契約するメリットは?

銀行や消費者金融のカードローンやフリーローンの他、信販会社やクレジットカード会社のカードローンを契約するという選択肢があります。信販会社やクレジットカード会社のキャッシング契約については、消費者金融に比べると審査の難易度は高めではあるものの、銀行ローンに比べると審査が通過する可能性は高めです。

また、金利設定も銀行カードローン並みであり、総返済額が抑えられるというメリットがあります。さらに、銀行カードローンに比べ、サービス面での充実性が高いこと、効率の良い返済も期待できます。

特に信販会社やクレジットカード会社のカードローンの場合、利用出来る提携ATMの台数は遥かに多くなり、利用手数料が無料であることやほぼ24時間利用出来るという特徴があります。銀行カードローンの場合、24時間利用出来るものは意外に多くはなく、利用手数料が108円ないしは216円掛かるものも少なくはありません。そのため、出張や旅行先での借り入れに注意しなければ無駄な出費にも繋がってしまいます。その点を考慮すれば、比較的お得に利用出来るカードローンと言えます。

また、信販会社やクレジットカード会社は個人消費に対するノウハウが蓄積されており、返済方法も選択できるケースがあります。返済期間が長期化および返済額の増加に繋がるリボルビングスライド方式でも、毎月の返済金額は高めに設定されており、元本の消化率も高くなるものが多くあります。

貸金業法が適用されるため、総量規制により年収の1/3までが上限となるものの、同じ条件下で融資が行われる消費者金融よりも断然お得に借り入れ出来る方法となります。

カードローンの増額申込みは慎重な判断をすべきです

カードローン審査を通過する方法として、希望借入額を少なく申告して申込みを行なうと良いとされています。しかし、審査に通過して使い続けているうちに、利用限度額が少ないと不満に思うこともあるでしょう。利用規約上では、一定期間を経過すれば増額申込みが出来ると記載されているので、気軽に増額申込みが出来ると考えがちです。しかし、増額申込みにはリスクが伴うことを理解した上で行わなければ、後悔だけが残る可能性があります。

消費者金融の増額申込みは、手軽にいつでも行えるという案内を出している会社もあり、不定期に増額申込みを誘導する電話がかかることが少なくありません。しかし、審査担当部署と増額申込みを案内する部署が全く異なるので、単なる増額申込み誘導に乗ってしまうことだけは避けなければなりません。なぜなら、消費者金融における増額申込みは、新規申込みに準じた再審査という扱いとなるからです。増額だけでなく減額や利用停止措置に至る可能性が有る点を十分に説明した上で、増額申込みを誘導すべき所ですが、審査部署と増額申込み誘導は別に動いているので、基本的に配慮されることは無いでしょう。増額申込みは、初回申込時に比べて年収がアップしていたり、信用実績を積んでいると確信出来る場合にみに限定すべきです。

カードローンを上手く使うためには

いきなりお金が必要になることは人生では間々、あることでしょう。そんなときにカードローンに申し込むことはないのですが、即日借りることができるのかどうかは微妙なところです。今時は即日融資、と謳っているところはいくつもありますし、実際にそれなりに高い確率で貸してもらうことができるでしょう。しかし、そうではないときもあるのです。つまりは、書類が揃っていないからとか、或いは在籍確認が取れないからまた明日確認する、とかそうしたことがあります。そうなりますとその日、すぐにお金を借りることができる、とはならないわけです。

ですから、カードローンのカードをいざという時のために発行してもらっておくとよいでしょう。そうすればいつでも使うことができます。これが極度方式といいます。つまりは、最初にこの金額までの融資が可能です、と設定をされるわけです。その金額までならばいつでも借りることができるようになる、というやり方になります。しかし、ずっとそうであるわけではなく、数ヶ月に一回、信用情報の審査をしなおしています。実はそうしたシステムになっており、永久にその金額まで借りるわけではありませんから、それは注意しておきましょう。

カードローンの自転車操業が続く不安と怖さ

私は以前、どうしてもお金の回らない時があり、以前よりカードローンや、キャッシングがある事は知っていましたので、利用する事にしました。

私が仕事を辞めたり、主人のお給料が下がったり、という事が重なり、生活費や保険料、税金の払い込み、住宅ローン等の支払いが難しくなり、その時は取り敢えずと思い、借りる事にしたのがその経緯です。

取り敢えず支払いが出来る事には、とても助かりました。どうすればいいのか、とても頭を悩ませ、不安で眠れない日々を過ごしていましたので、ホッと一息つき、安心しました。カードローンという事でしたら、毎月リボ払いで、少しずつ返せるという事にも、少なからず安心感がありました。

けれど困った事に、状況が改善される事がなく、少しずつと思っている間に、気が付いたら結構な額になっていたのです。

借りては返すという状態が続き、又そうしても返済するので、借りれる額もどんどん増えていきました。

キャッシングにしろカードローンにしろ、借りなくてもいい方は、借りない方がいいと思います。

もし借りなくてはならない場合になっても、それは自分のお金ではないのです。

その事をきちんと自覚できるのでしたら、大丈夫だと思いますが、私は出来ませんでした。

カードローンを上手に利用するには

今年の4月NHKの「クローズアップ現代」という番組で、銀行カードローンの利用者が大幅に増え、自己破産をする方が増えていると放送していました。なんでもマイナス金利政策のために行き場を失った資金が、個人向けのフリーローンに向かって行ったというのです。ですから借り手は、銀行カードローンを利用しやすくなったと手放しで喜んではいけないというわけです。

そこでカードローンを上手に利用する方法を伝授します。まず利息をなるべく支払うことなく借りることです。例えば大手消費者金融には、初めての契約者のために30日間の無利息サービスを実施しています。借り入れが10万円程度なら、次の給料やボーナスで一括返済すれば利息は全くかかりません。また分割返済するにしても、返済が長くなるほど支払う利息の総額は増えます。最近月3000円程度から返済できるところもあり、一見返済が楽のように思えます。しかし毎月の返済額が少ないと、実は返済総額は大幅に増えるのです。ですから毎月の返済以外に、繰り上げ返済してなるべく早く完済するのが重要です。

また分割返済するなら、なるべく金利の低い銀行カードローンがオススメです。特に金利が低いのがネット銀行のカードローンで、なるべく消費者金融では借りない方がいいでしょう。そして身の丈に合った金額を借りることが重要です。

契約後のレイクスタッフの方の対応

私は現在、レイクからカードローンでお金を借りています。

契約は自動契約機で行い本人確認書類もその場で提出できたのでとても便利でした。

最初、返済方法として毎月の頭にATMから返済するという方法を選択していました。

ですがやはり返済を忘れてしまったり、どうしても行くことができなかったりということが発生してしまい、その都度の手数料がもったいないと感じていました。

そこで返済方法を銀行口座からの引き落としにしようと思い、自分でネットで方法を検索しましたがよくわかりませんでした。

そこでレイクへ電話連絡をし、方法を確認しました。

スマートフォンで電話をしながらスマートフォンで操作をするという手間のかかる方法をとってしまい、電話口の方を何度も何度もお待たせすることもありましたが、

とても丁寧に対応してくれる女性の方で、私が全く機械のわらないお年寄りだったとしてもわかるようなわかりやすい説明でした。

その後も職場が変わったので電話で登録をしなおすため連絡をした際も、今度は男性のスタッフの方でしたがとても丁寧に話していただきました。

正直、消費者金融の方は怖い人が多いのではないかと思い込んでいましたがレイクのスタッフの方は何度電話しても丁寧にご対応いただき、心地よく利用することができました。

おまとめローンを上手に活用しよう

キャッシングやカードローン、クレジットカードのリボ、とっても便利ですよね。

でも便利な分利息が結構高い、そう感じることもあるのではないでしょうか。

実はその利息、そして月々の返済の負担を減らす方法があるのです。

それが「おまとめローン」という、他社の債務を一本化できるローン商品なのです。

おまとめローンは身近な銀行や消費者金融などかなりの業者が取り扱っていて、しかも月々の利息も低く抑えられていてメリットが多いものになっています。

しかもおまとめローンでキャッシングの残高を返済しても、キャッシングのカードを解約しなくて済むことが多いので、カードを手放さなくても良いというのが魅力でもあります。

しかもおまとめローンはいわゆる総量規制の制限に当たらないので、ちょっとキャッシングの返済が大変だな、と思ったら検討してみる価値は十分あります。

今は来店しなくても電話やインターネットで審査を申し込むことができるところが増えているので、おまとめローンを十分活用しましょう。

楽天銀行のカードローンはおまとめローンとして利用可能

複数の金融機関からフリーキャッシングなどの借り入れをしている場合、各社によって借り入れ金や金利は異なるでしょうし、毎月の返済金額や返済期日も異なることが考えられるため、自分が一体どれくらいのお金を借りていて、返済が終わるのはいつ頃になるのかなどが分かりにくく、返済管理は難しいものだと考えられます。

複数にまたがるカードローンやキャッシングを一つの借入先にまとめ、一本化することができるローンのことをおまとめローン等と言い、返済に便利な商品といえるのですが、楽天銀行のカードローンはおまとめローンとしても利用可能なので、複数社からキャッシングをしている人にはおすすめできます。

楽天銀行のカードローンは総量規制対象外なので、キャッシングの総額が年収の3分の1を超えていても利用可能ですし、楽天銀行カードローンの金利は最大でも年14.5%と低く設定されているので、消費者金融などの商品から借り換えることで、支払利息を大きく削減できる可能性が高いのです。

楽天銀行のカードローンに借り換えることでどのくらい利息が減るのかについては、事前に返済シミュレーションで確認ができるので、しっかりチェックしてからおまとめローンとして利用すると良いでしょう。

銀行ローンは金利が安くてとても利用しやすい

カードローンでお金を借りている人たちはとてもたくさんいますが、カードローンは消費者金融と銀行の二つに分かれています。消費者金融は金利がとても高くサービスは非常に便利ではありますが、毎月の返済が厳しくなる可能性もありますので、銀行でカードローンを借りる要件を備えている人は銀行でカードローンを利用した方が圧倒的にメリットが高くなります。

銀行で借りるためにはある程度の審査基準を満たしていなければなりませんが、最近では銀行のカードローンも審査に合格しやすいと言われていますので、消費者金融で申し込み行う前に、銀行のカードローンに申込み行った方がお得になります。

金利というものは甘く見ていてはとても損をしてしまいますので、少しでも金利が安い銀行でお金を借りるということが当然のことであります。消費者金融でも無金利のサービスを行っている業者もありますが、基本的に銀行でお金を借りた方が将来的な面からしましても圧倒的にメリットが高く、銀行でありますので安心感がまったく違ってきます。審査時間はある程度長くかかってしまいますが、それでも銀行のカードローンに申し込み行った方が圧倒的に得だということです。サービスの品質も接客もレベルは高い銀行が多いので、借りることができるならば銀行で借りるようにしましょう。