おまとめローンを上手に活用しよう

キャッシングやカードローン、クレジットカードのリボ、とっても便利ですよね。

でも便利な分利息が結構高い、そう感じることもあるのではないでしょうか。

実はその利息、そして月々の返済の負担を減らす方法があるのです。

それが「おまとめローン」という、他社の債務を一本化できるローン商品なのです。

おまとめローンは身近な銀行や消費者金融などかなりの業者が取り扱っていて、しかも月々の利息も低く抑えられていてメリットが多いものになっています。

しかもおまとめローンでキャッシングの残高を返済しても、キャッシングのカードを解約しなくて済むことが多いので、カードを手放さなくても良いというのが魅力でもあります。

しかもおまとめローンはいわゆる総量規制の制限に当たらないので、ちょっとキャッシングの返済が大変だな、と思ったら検討してみる価値は十分あります。

今は来店しなくても電話やインターネットで審査を申し込むことができるところが増えているので、おまとめローンを十分活用しましょう。

楽天銀行のカードローンはおまとめローンとして利用可能

複数の金融機関からフリーキャッシングなどの借り入れをしている場合、各社によって借り入れ金や金利は異なるでしょうし、毎月の返済金額や返済期日も異なることが考えられるため、自分が一体どれくらいのお金を借りていて、返済が終わるのはいつ頃になるのかなどが分かりにくく、返済管理は難しいものだと考えられます。

複数にまたがるカードローンやキャッシングを一つの借入先にまとめ、一本化することができるローンのことをおまとめローン等と言い、返済に便利な商品といえるのですが、楽天銀行のカードローンはおまとめローンとしても利用可能なので、複数社からキャッシングをしている人にはおすすめできます。

楽天銀行のカードローンは総量規制対象外なので、キャッシングの総額が年収の3分の1を超えていても利用可能ですし、楽天銀行カードローンの金利は最大でも年14.5%と低く設定されているので、消費者金融などの商品から借り換えることで、支払利息を大きく削減できる可能性が高いのです。

楽天銀行のカードローンに借り換えることでどのくらい利息が減るのかについては、事前に返済シミュレーションで確認ができるので、しっかりチェックしてからおまとめローンとして利用すると良いでしょう。

借金を一本化して早く返済するおまとめローン

現在スマートフォンでキャッシングの申し込み手続きがすべて出来てしまうので手軽にお金を借りる事が出来るようになってきました。そのため少しお金が足りないなと思ったらすぐにキャッシングを申し込んでしまうという人も少なくありません。それで複数の業者からキャッシングをしてしまうようになってだんだん返済が困難になっていきます。

複数の業者からキャッシングをしてしまうと月の返済日が変わってくるし、借金の総額も分からなくなってしまって管理が大変になってしまいます。そういう時は借金を一つにまとめてしまうおまとめローンを利用するといいでしょう。おまとめローンは複数の業者からの借金を一本化して早く返済するというのが目的のローンです。借金を一本化すると返済日も月1回になりますし管理をしやすくなるので返済をスムーズにする事が出来ます。また低金利のおまとめローンで借金を一本化すれば利息を減らす事が出来るのでその分早く返済する事が可能です。

おまとめローンを利用する時は銀行と消費者金融のどちらかを選ぶ事になりますが、おまとめローンは低金利で借りるというのが鉄則なので銀行の方がおまとめ向きと言えます。そのため銀行のおまとめローンを利用する方がいいでしょう。

おまとめローンは、限度額が大きく低金利な銀行カードローン

現在、複数の消費者金融系カードローンでキャッシングを利用していて、、其々への毎月の返済額も大変という方や、返済日がまちまちだがら管理が大変という方は、より大きな限度額のカードローンを申込み、1つにまとめてしまった方が、毎月の返済額も抑えられることが多いですし、返済日をあれこれ気にしなくて安心です。所謂おまとめローンと呼ばれるものです。

おまとめローンとするには、現在複数のカードに散らばっている借入残高を、全てまとめられるだけの限度額をもったカードローンでなくてはなりません。1社・2社残ってしまうと、その返済もあるのでおまとめローンの良さが生かされにくくなってしまうのです。

消費者金融系のカードローンも、限度額が大きなものも多くなりました。しかし、どんなに大きな限度額を希望しても、総量規制の範囲内、つまり年収の1/3迄しか借りられないので全てをまとめるには、少ないと思います。更に、総量規制は1社毎ではなく、借入している全ての金融機関の合計金額も反映されてしまうので、これから消費者金融系カードローンに申込もうとしても、残されたパイは小さなものになっていると思われます。

全てをおまとめローンとし、更に余裕も欲しいと考えるなら、やはり銀行系のカードローンです。銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、安定した収入の方でしたら、200万円~300万円といった限度額を得ることも可能です。低金利のものも多くあります。

おまとめローンを検討するなら、限度額が大きく低金利な、銀行系カードローンをお薦めします。