カードローンの増額申込みは慎重な判断をすべきです

カードローン審査を通過する方法として、希望借入額を少なく申告して申込みを行なうと良いとされています。しかし、審査に通過して使い続けているうちに、利用限度額が少ないと不満に思うこともあるでしょう。利用規約上では、一定期間を経過すれば増額申込みが出来ると記載されているので、気軽に増額申込みが出来ると考えがちです。しかし、増額申込みにはリスクが伴うことを理解した上で行わなければ、後悔だけが残る可能性があります。

消費者金融の増額申込みは、手軽にいつでも行えるという案内を出している会社もあり、不定期に増額申込みを誘導する電話がかかることが少なくありません。しかし、審査担当部署と増額申込みを案内する部署が全く異なるので、単なる増額申込み誘導に乗ってしまうことだけは避けなければなりません。なぜなら、消費者金融における増額申込みは、新規申込みに準じた再審査という扱いとなるからです。増額だけでなく減額や利用停止措置に至る可能性が有る点を十分に説明した上で、増額申込みを誘導すべき所ですが、審査部署と増額申込み誘導は別に動いているので、基本的に配慮されることは無いでしょう。増額申込みは、初回申込時に比べて年収がアップしていたり、信用実績を積んでいると確信出来る場合にみに限定すべきです。