キャッシングの返済方式の仕組みについて

クレジットカードで買い物をした時、リボ払いにはしないように、と忠告を受けたことはないでしょうか。リボ払いは、月々の支払い金額が一定となっているため、買い物を続けると、いつまでたっても支払いが終わらず、手数料(=利息)が発生してしまう仕組みになっています。

キャッシングでの返済方法は、このリボ払い方式が採用されています。例えば、30万円借りた場合は、毎月の支払最低金額は7000円。利息を含めて60回以上もかけて返済することになります。

クレジットカードのリボ払いとの大きな違いは、ATMなどを使って最低金額以上の返済をすることが可能となっているところです。最低金額が7000円となっていても、その倍の14000円を返済していけば、利息は半分に抑えられます。

キャッシングを利用した場合は、たとえ1000円だけでも毎月余分に返していくことが利息を抑える最善の方法となのです。