キャッシング即日の経験談

私は、三年ほど前に、キャッシングを利用しました。私がキャッシングを利用したのは、今のところ、それが最初で最後でした。キャッシングをしたのは、学費を親に頼りたくなくて、自分でなんとかしたいと思っていたけれど、でもどうにもならなくなった時に利用しました。

キャッシング即日ですごく助かったのは、早さです。ギリギリまで、どうしようかと迷っていたのですが、それでも間に合うのは助かりました。また、携帯で簡単に操作できたので、余計に早くすみました。かなり便利だなと驚いた気持ちでした。また、こんなにも簡単にキャッシングできてしまうんだということがこわくもなりました。くせにならないように、自分でしっかり必要性を判断してキャッシングを利用したいと思いました。

キャッシングの増額申込について

キャッシングの増額申込については、やはりある程一定期間の信用が必要です。また1社あたり50万という額がある程度の目安にはなります。もちろん他社借入がない場合はいきなり70万の枠を設定してもらえる場合はいります。大手以外は通常は50万です。増額の相談をするにしても最低半年以上は毎月遅延なく返済をし信用を勝ちとらなくてはなりません。

50万超えはなかなか難しいのですが、最初の枠が30万でそこから50万への増額はわりと早い段階で判断されるケースが多いです。ですので100万近い金額が急に必要となる場合は1社であたるより、最初から2社ないしは3社あたるのをおすすめします。しかし信用情報機関で情報は共有されていますのでどの場合においても、遅延などの事故は絶対にしないようにしてください。

キャッシングの返済方式の仕組みについて

クレジットカードで買い物をした時、リボ払いにはしないように、と忠告を受けたことはないでしょうか。リボ払いは、月々の支払い金額が一定となっているため、買い物を続けると、いつまでたっても支払いが終わらず、手数料(=利息)が発生してしまう仕組みになっています。

キャッシングでの返済方法は、このリボ払い方式が採用されています。例えば、30万円借りた場合は、毎月の支払最低金額は7000円。利息を含めて60回以上もかけて返済することになります。

クレジットカードのリボ払いとの大きな違いは、ATMなどを使って最低金額以上の返済をすることが可能となっているところです。最低金額が7000円となっていても、その倍の14000円を返済していけば、利息は半分に抑えられます。

キャッシングを利用した場合は、たとえ1000円だけでも毎月余分に返していくことが利息を抑える最善の方法となのです。

イオン銀行カードローンでキャッシングをするメリットは?

イオン銀行カードローンは午前中に申し込みをすると審査が即日回答されますが、午後以降に申し込みをすると翌日になってしまいます。確実に即日融資を受ける事が出来るわけではないのですぐにお金を借りたい時は不都合になってしまう事もありますが、メリットになる点も少なからずあります。そこでイオン銀行カードローンでキャッシングをするとどのような点がメリットになるのか見ていく事にしましょう。

銀行カードローンは最高金利が14.5%ぐらいで設定されている事が多いですが、イオン銀行カードローンは最高金利が13.8%で設定されているので低金利なのがメリットになります。また24時間365日手数料無料でお金を借りる事が出来るので利便性が高い点もメリットになります。借り入れする時の条件が良いので利用しやすいという声もよく聞かれます。

初めてのキャッシングで注意すべきポイントは、返済方法

初めてのキャッシングで借入先を選ぶ場合のポイントの一つが、返済する際の利便性です。

キャッシングをした場合、借りたお金は毎月返していくことになり、ATMでの返済が最も多いようです。自社のATMを利用した場合は、手数料が無料になりますが、提携先の銀行やコンビニのATMを使うと、手数料が発生する金融機関は少なくありません。108円~216円程度ではあっても、毎月のこととなると1年間でランチ1,2回分の金額になります。

日ごろの行動範囲内に無料で利用できるATMがあることを重視して借入先を選ぶことで、手数料が節約できる他、支払いを忘れたり遅延したりする可能性も低くなります。

キャッシングの申し込みの際は、無事に借りることばかり考えてしまいますが、返済期間の方が遥かに長くなることを頭に入れて申込先を選ぶことも大切です。

キャッシングの返済は早めることもできる

消費者金融などのキャッシングの返済は決められた返済日に一定の金額を返済していくことで計画的に完済まで行えるようになっているため、金融機関によって最低返済額が決められています。

最低返済額は借り入れ額が多い場合でも利用者に負担が少なくなるように返済回数などを増やし無理のない範囲で決められることになりますが、この返済額は最低額であるためそれ以上の金額で返済を行なうことに関しては手続きをすることで簡単に行うことができ、それによって返済がより早く済めばその分、利息額に関しても少なくて済むことになります。

逆に月々の最低返済額を支払うことができない場合には、金融事故となってしまうケースもあり利用者の信用情報に傷がついてしまうおそれもあるため、その後のローンの利用などが難しくなってしまうこともあります。

キャッシングの利息は日割り計算で算出され、日々追加されていくため余計な利息を払いたくないという方は一日でも早く返済してしまうことで出費を抑えることができます。

なんとなく返済額までに払えればいいやと考えていると無駄な利息を払うことになりかねません。

最近ではアプリなどからインターネット返済が可能な会社もあるので、手間をかけずに追加返済や一括返済を行なうことも可能なのです。

消費者金融の審査って何をするの?

消費者金融の審査がどのように行われているかカードを申し込む人はその方法が気になる方も多いと思います。審査は大きく分けて2つあります。1つ目は本人確認です。申し込み時基本情報をまず伝えます。住所、電話番号、勤務先、住宅の種類などです。伝えた情報を元にこの内容に虚偽がないかどうか確認をされます。確認方法は免許証や保険証の提示、勤務先に関しては在籍確認と言って個人名で勤務先に連絡が行きます。また専業主婦など勤務していない方は自宅に確認の電話がいく場合もあります。

2つ目は収入や他社の借り入れ状況について確認をされます。収入に関しては給料明細や源泉徴収書の提示を求められます。他社の借り入れ状況については信用情報機関というところに申し込みした人が他社からの借り入れ総額や件数、支払いの遅れがなかったかなどわかるようになっております。それを元に融資をしても返済をしていけるだけの余裕があるかどうか調べられることになります。

これらのことが審査で行われた上で融資を受けられることになります。

利用金額の大きさで選ぶなら銀行のカードローン

ごく少額のお金を借りたいというときには審査のスピードも早く、すぐにお金を借りられる消費者金融のキャッシングが便利です。しかし、消費者金融のキャッシングの場合には総量規制の対象となっているので、自分の年収の三分の一を超える金額は借りることはできない規則になっています。もしも、すでに消費者金融のキャッシングなどでお金を借りている人の場合、さらに借入可能な金額が減ってしまうことになるので、ある程度のまとまった金額を借りたいというときには消費者金融のキャッシングはその希望に添えない場合もあります。

もしも、ある程度まとまった金額を比較的手軽に借りたいというときには銀行カードローンに申し込んでみることをおすすめします。銀行カードローンは消費者金融のキャッシングのように総量規制の対象となっていないからです。つまり、銀行カードローンでは年収の三分の一までという借入額の上限がなく、審査の結果次第ではキャッシングよりも多く借り入れることが可能だからです。ただし、銀行カードローンであっても最初から利用限度額が大きいわけではありません。収入や利用実績などに応じて段階的に利用限度額が上がっていくので、最初から大きな金額が借りられるとは限らないという点についてはあらかじめ理解をしておくようにしましょう。

アイフルのお得なカードローンとは

アイフルから提供されているカードローンといえば、30日間の無利息キャッシングサービスがあるキャッシングローンが有名ですが、キャッシングローンと比較して若干申込み要件が厳しくなっているものの、よりお得に借り入れができるカードローン商品として、ファーストプレミアム・カードローンという商品があります。ファーストプレミアム・カードローンにはどのようなメリットがあり、申込み要件はどうなっているのかなどについて、詳しく解説をしていきます。

・申込み要件

アイフルの利用が初めてであり、年齢が満23歳以上59歳以下で定期的な収入と返済能力がある場合に契約が可能となっています。キャッシングローンは年齢要件が満20歳以上69歳以下とされているので、年齢要件についてはファーストプレミアム・カードローンの方が厳しいことがわかります。

・金利と利用限度額

2017年9月21日時点で、キャッシングローンが実質年率4.5%~18.0%、利用限度額が最高で500万円までとなっているのに対し、ファーストプレミアム・カードローンは実質年率が4.5%から9.5%、利用限度額は最高で500万円までとなっています。

最高利用限度額や下限金利は同じですが、上限金利については、ファーストプレミアム・カードローンの方が圧倒的にお得となっています。

もし返済を延滞してしまったらどうなるか

昔はあまりいいイメージのなかったカードローンですが、近年では様々な会社がサービスを競い合って非常に利用しやすいものになりました。プロミスやアコムなどでは初回限定で1ヶ月は利息なしでお金を借りることができたりもするほど、気軽に利用できるようになっています。またインターネットの普及により申込みの手続きも画像データを送信するだけでいい場合もあり、それによって早ければ申請したその日のうちに借り入れすることができるくらいです。

ただやはり心配なのが、返済に関することだと思います。もし返済できなかったらどうなるかなど、実際に返済できなかった体験でもしないかぎりなかなかわかりませんし、そのような場合はこうなりますなどとはなかなか書かれていません。

まず心配なのが、恐い人が取り立てになどというイメージもあると思いますが、一般的にちゃんとした金融機関から借りていればまずありません。大手でしたら電話もこずハガキが1通届くだけという場合もあります。どうしても返済期限に間に合わない場合もあると思いますし、それをくんで対応してくれるのはとても嬉しいです。

ただいずれにせよ、担当者に返済が遅れる旨を伝える必要はあります。事情を話せば支払いを忘れているわけではないことが伝わり催促もストップできるので、必ず連絡はするようにしましょう。またこの期間も基本的には利息や延滞料などがかかります。できるかぎり事前に計算して遅れることなく返済するのが一番ではあります。”