バンクイックより楽天銀行スーパーローンの方を選ぶ2つの理由

銀行カードローンを利用する時に大手銀行のカードローンの三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックとネット銀行のカードローンの楽天銀行スーパーローンのどちらにするか迷ってしまう人が多いです。

大手銀行のカードローンの方が安心感があるのでバンクイックを選ぶ人が多いですが、最近では楽天銀行スーパーローンを選ぶ人も増えてきています。そこでなぜバンクイックより楽天銀行スーパーローンの方を選ぶのか理由を挙げていくことにしましょう。

・ネットですべての手続きをする事が出来る

バンクイックを利用する時は来店して手続きをする事も出てくるので住んでいる場所の近くに銀行がないとすごく不便です。しかし楽天銀行スーパーローンを利用する時はネットですべての手続きをする事が出来るのですごく便利です。楽天銀行スーパーローンの方が利便性が高い点が選ばれる理由になります。

・上限金利が低く設定されている

バンクイックの上限金利は14.6%、楽天銀行スーパーローンの上限金利は14.5%で設定されていて楽天銀行スーパーローンの方が0.1%低くなっています。0.1%だとあまり変わらないような気もしますが、多額の借り入れをする時は影響してくるので上限金利が低く設定されている楽天銀行スーパーローンを選ぶ人が多いです。

おまとめローンを上手に活用しよう

キャッシングやカードローン、クレジットカードのリボ、とっても便利ですよね。

でも便利な分利息が結構高い、そう感じることもあるのではないでしょうか。

実はその利息、そして月々の返済の負担を減らす方法があるのです。

それが「おまとめローン」という、他社の債務を一本化できるローン商品なのです。

おまとめローンは身近な銀行や消費者金融などかなりの業者が取り扱っていて、しかも月々の利息も低く抑えられていてメリットが多いものになっています。

しかもおまとめローンでキャッシングの残高を返済しても、キャッシングのカードを解約しなくて済むことが多いので、カードを手放さなくても良いというのが魅力でもあります。

しかもおまとめローンはいわゆる総量規制の制限に当たらないので、ちょっとキャッシングの返済が大変だな、と思ったら検討してみる価値は十分あります。

今は来店しなくても電話やインターネットで審査を申し込むことができるところが増えているので、おまとめローンを十分活用しましょう。

即日お金が必要になったけど大丈夫?

急な出費が必要となったとき、しかもその日のうちとなった場合はどのようにしますか?誰かに借りる?それとも消費者金融でしょうか?

お金を借りることは人にはなかなか頼みにくいことだと思います。たとえそれが家族であってもです。また、その理由についても人に話したくないものもあるかもしれません。そんな時にはキャッシングが良いでしょう。

即日可能なサービスを選べば、その日のうちにある程度まとまった金額のお金でも借りることができます。心配な審査も、特に今までに滞納などの問題がなければ、審査もすぐに通るのが普通です。定期的な決まった収入がないという方でも大丈夫な場合が多いです。

また、キャッシングでしたら誰かに相談する必要もありません。すべて一人でできるので、安心してくださいね。

また、申し込みもネットからすべて完結するようになっているものもあります。そのため、家族等に知られたくないという不安を抱えている方は、このようなWEBですべて完結するサービスを選択すれば、自宅に関係書類が郵送されてくる心配もなく、安心して借入ができます。

しかし、返済の計画だけはきちんと自分でしましょうね。返済が早いほど、余計な出費を抑えることができます。

借金を一本化して早く返済するおまとめローン

現在スマートフォンでキャッシングの申し込み手続きがすべて出来てしまうので手軽にお金を借りる事が出来るようになってきました。そのため少しお金が足りないなと思ったらすぐにキャッシングを申し込んでしまうという人も少なくありません。それで複数の業者からキャッシングをしてしまうようになってだんだん返済が困難になっていきます。

複数の業者からキャッシングをしてしまうと月の返済日が変わってくるし、借金の総額も分からなくなってしまって管理が大変になってしまいます。そういう時は借金を一つにまとめてしまうおまとめローンを利用するといいでしょう。おまとめローンは複数の業者からの借金を一本化して早く返済するというのが目的のローンです。借金を一本化すると返済日も月1回になりますし管理をしやすくなるので返済をスムーズにする事が出来ます。また低金利のおまとめローンで借金を一本化すれば利息を減らす事が出来るのでその分早く返済する事が可能です。

おまとめローンを利用する時は銀行と消費者金融のどちらかを選ぶ事になりますが、おまとめローンは低金利で借りるというのが鉄則なので銀行の方がおまとめ向きと言えます。そのため銀行のおまとめローンを利用する方がいいでしょう。

内緒で即日融資を受けられるので便利です

消費者金融を利用してキャッシングしていることは基本的にまわりの人からあまりいい印象を持たれないことが多いです。そのためお金を借りようとする場合、できるだけ自分のまわりの人に内緒で手続きをしたいと考えます。

そして現在ほとんどの消費者金融はまわりの人に内緒で即日融資を受けることができるようになっているので便利であると言えます。そのため急な出費を要したり、生活費が足りなくなってしまった一般の人がよく利用しています。

そこで消費者金融ではどのような方法でまわりの人に内緒で即日融資を受けることができるのかというと借入の申込みは基本的にインターネット上で済ませてしまいます。その後審査にクリアして融資を受ける場合は自動契約機を利用する方法と銀行預金口座に振込をしてもらう方法があります。消費者金融によっては自動契約機で手続きをしているところを他の人に見られないようになっているので、安心して利用できます。また振込の手続きをしているところはまわりの人に見られないことは言うまでもありません。

内緒でキャッシングをしたければ消費者金融を利用するといいでしょう。

キャッシングで本人確認が求められる理由

キャッシングサービスは利用者の信用に応じる形で提供されています。そのために厳正な審査が行われ、サービスの提供主はリスクマネジメントを行っているのです。

審査の過程で行われる本人確認はその一環ですが大きな意味があります。それは総量規制に抵触していないのを確かめる事です。総量規制は年収の三分の一以上の借金を認めないという法律で、総量規制対象外の目的を除いて全て適用されます。つまり業者に通知した年収がキャッシングサービスの利用者本人のものでないと、法律を違反している可能性が生じるのです。

審査時に提出受け取ったデータとキャッシングサービスを利用したがっている人物が無関係であれば、業者は借金が返されないというリスクを抱えるだけでなくコンプライアンスの問題にもなります。コンプライアンスを軽視した企業は信頼を失われるので、今後の経営にも悪影響が生じるのです。

一人の顧客の借金が完済されないよりも、コンプライアンス違反によるダメージは大きいと言われています。本人確認の精度はキャッシングを担当している業者の生命線と言っても過言ではありません。時間を掛けて入念なチェックが行われるのは必然だと言えます。ただし本人確認に時間を用いすぎると顧客が離れてしまうので限度も大切です。

キャッシングの限度額の決まり方

キャッシングを利用するに当たって「総量規制」というものは切っても切り離せないものです。これは貸金業法で定められている言わば貸し出し可能額を決める指標です。

総量規制とは申込者の年収より3分の1以下にあたる金額までしか貸し出すことができないというものです。一つの業者につきというわけではなくその人が借り入れする全業者の借入額の合計が3分の1になるように計算しなければなりません。

各金融業者はフリーローンを貸し出す際はこの総量規制で査定するために利用者の年収を把握する必要があるのです。ですが、この総量規制の対象になるのはあくまでもフリーローンであって、この規制を受けないものもあります。

それがマイカーローン、住宅ローン、おまとめローンなどに代表される目的別ローンと呼ばれるものです。利用する用途が明確にわかっているローン契約については審査を行った上で基準上問題がなければ借り入れを受けることができるのです。だからこそ年収400万円が平均といわれているサラリーマンでも住宅ローンを組んで家を建てることができるわけです。ですがあくまでも総量規制は貸し出し可能な最高額を定めるものですので、借り入れ審査を行う業者によって貸し出し可能額は変ってきますので要注意です。

カードローンやキャッシングの注意点

ネットで審査完了!即日融資も可能なキャッシング特集
http://www.cie-mt.org/

カードローンやキャッシングは、その特徴を知る事で、もっとお得に利用することができるようになります。
上手に賢く利用するためにも、各消費者金融のサービス内容を、確認しておくと良いでしょう。

またインターネットなどを利用して比較サイトを活用してみるのも、良い方法と言えるのではないでしょうか。
カードローンやキャッシングを利用するためには、申し込み後に、審査に通る必要があります。

安定した仕事についていて、借金などのトラブルがない場合は、ほとんどの方は審査に通ることができるでしょう。

基本的に仕事をしていない場合は、審査に合格することができません。
カードローンやキャッシングは、お金を借りて返済することが大切なので、返済できる能力がない場合は、落とされてしまうということです。

そうならないためにも、しっかりと仕事について、安定した生活を送れるようにしておくことが大切ではないでしょうか。
また実際にカードローンやキャッシングを利用した場合は、しっかりと返済計画を立てて、返済できるようにしましょう。

実際に借りる金額は、無理なく返済することができる金額にする事が大切です。
お金に困っている場合は、借りる事だけに意識を集中してしまう場合があるので、返済の事も考えながら、利用するようにしましょう。

カードローンやキャッシングは、便利に使える一方で返済ができなくなってしまっては信用情報が傷ついてしまうので、上手にコントロールしていきましょう。

効果的なキャッシングの増額申込み方法

キャッシングというのは、申し込んで審査に通れば使えるようになります。つまり、具体的にお金を借りることができるようになるのです。
しかし、だからといって自分の望むがままの金額を借りられるわけではありません。

キャッシングには必ず利用枠があって、借り入れができるのは、あくまでもその枠内のお金だけです。

たとえば利用枠が50万円のキャッシングなら、最大で50万円までの借り入れが可能です。
もしも50万円一度に全額借りてしまえば、それ以上は1円も借りられません。
ただし返済が進んで利用枠が幾らか復活すれば、復活した分の借り入れは可能となります。

そんなわけですからキャッシングの利用者は、なるべく利用枠を大きくしておきたいと願う人が多いのです。
しかし、大きな利用枠を希望してキャッシングに申し込んでも、それが認められるかどうかは審査次第です。

実際、100万円の枠を希望して申し込んでも、審査の結果、50万円しか認めてもらえないことなんかはザラにあるのです。

ただし、一度利用枠が設定されたキャッシングでも、後から利用枠を増やしてもらうことは決して不可能ではありません。
キャッシング会社に増額申込みをして、その審査に通りさえすれば良いのです。そうすれば利用枠は増やせます。

ただし、ここで注意しなければならない点は審査です。審査に通れば良いのですが、落ちれば駄目だということです。
それに増額申込みの審査というものは、そもそも易しいものではありません。それはそうでしょう。

顧客から「枠を増やしてください」と頼まれたからといって気軽に応じていたら、貸し倒れのリスクが一気に高まってしまいます。どこの会社も、そんなリスクを負うはずがありません。

ですから効果的な増額申込みについて現実的に考えると、最も良い方法は、キャッシングの利用実績を積み重ねて会社から信用を得ることです。
そうした信用さえ得られれば、きっと増額して貰えます。ただしそのためには、長年にわたる地道な努力が必要です。

信用とは、短期間に一気に得られるものではないのです。