比較して選ぶキャッシング

キャッシングは、どこの業者を利用しても同じように見えますが、比較して選ぶと便利でお得に利用することが出来ます。

比較サイトは本当に便利に作られていて、リンクから直接申し込みページに飛ぶことが出来るのはもちろんの事、金利や返済方法などがわかりやすく比較されています。

又、条件を指定して絞り込むことが出来ますので自分の望む条件にあった業者の中から最も条件の良い業者を選ぶことが出来るメリットがあります。

キャッシングは自分には縁がないと思っている方も、一時的にまとまったお金が必要になった際には大変便利なサービスです。

初回利用の場合は金利がかからない業者もたくさんありますので、家族や友人に借りにくい方にお勧めです。

キャッシングの申し込み時の注意点について

急にお金必要になるときはあると思いますがノープランでキャッシングを利用する事は良くないと言えます。キャッシングを利用することは悪いことではないですが、勉強をしてからでないと、損をすることも考えられます。キャッシングを利用するにあたり、申込時に一番大事なことは書類を丁寧に正確に書くと言う事です。年収や勤務先などの貸付金額に大きくかかわる部分に関しては、記載ミスが発覚した時点で、故意と見なされても仕方ない部分とされていて、正確に書く必要があります。キャッシングと言う事は、高収入の方向けのサービスではないので、周囲の方に比べて年収が低い場合でも審査に落ちてしまうものではないと言う事です。

定期的な収入があれば、審査の通過率は殆ど変わらないので、申込時でも正確な数字を記載する事が肝要です。キャッシングの申し込みの注意点として、申込みをするのは人気の大手キャッシング会社を利用すると良いです。サービス面は充実していて、金利面でもお得になるからです。申込みの方法はインターネットから出来るので、店頭に行く手間も必要ないです。ネットからの申込み方法が断トツで早く契約する事が出来て、忙しい人でも安心と言えます。

キャッシングはどこで申し込めるの?

キャッシングを利用したいけれど、どこで申し込むことが出来るのでしょうか。

まずキャッシングというと街中にある店舗に行って契約するのが一般的ですが、対面での手続きには抵抗があるという人も少なくはありません。

そういう人のために用意されているのが自動契約機です。自動契約機では窓口での手続きで必要な手順が、契約機を利用して行うことができます。直接対面で手続きをする必要はありません。店舗に併設されていることが多いのですが、全ての消費者金融の店舗に用意されているというわけではありません。

そういう場合、対面以外で同じ手続きができるのがネット申込です。キャッシングの申込から、審査、契約、借入の全ての手続きがパソコンやスマホを利用して行えるのです。これならわざわざ最寄の消費者金融を探す必要もなく、キャッシングの申込をすることができますね。

窓口でも自動契約機でもネット申込でも、何かが不利有利ということはなく契約内容には変わりはありません。そう考えるとわざわざ店舗に行く必要もないように感じますね。ただ店舗や自動契約機なら契約後にすぐカードローン用のカードが発行してもらえますが、ネット申込の場合には後日郵送で届くことになってしまいます。すぐに欲しい場合には、申込だけネットから行ってカードの発行だけ店頭で手続きすることもできます。

信販会社やクレジットカード会社のカードローンを契約するメリットは?

銀行や消費者金融のカードローンやフリーローンの他、信販会社やクレジットカード会社のカードローンを契約するという選択肢があります。信販会社やクレジットカード会社のキャッシング契約については、消費者金融に比べると審査の難易度は高めではあるものの、銀行ローンに比べると審査が通過する可能性は高めです。

また、金利設定も銀行カードローン並みであり、総返済額が抑えられるというメリットがあります。さらに、銀行カードローンに比べ、サービス面での充実性が高いこと、効率の良い返済も期待できます。

特に信販会社やクレジットカード会社のカードローンの場合、利用出来る提携ATMの台数は遥かに多くなり、利用手数料が無料であることやほぼ24時間利用出来るという特徴があります。銀行カードローンの場合、24時間利用出来るものは意外に多くはなく、利用手数料が108円ないしは216円掛かるものも少なくはありません。そのため、出張や旅行先での借り入れに注意しなければ無駄な出費にも繋がってしまいます。その点を考慮すれば、比較的お得に利用出来るカードローンと言えます。

また、信販会社やクレジットカード会社は個人消費に対するノウハウが蓄積されており、返済方法も選択できるケースがあります。返済期間が長期化および返済額の増加に繋がるリボルビングスライド方式でも、毎月の返済金額は高めに設定されており、元本の消化率も高くなるものが多くあります。

貸金業法が適用されるため、総量規制により年収の1/3までが上限となるものの、同じ条件下で融資が行われる消費者金融よりも断然お得に借り入れ出来る方法となります。

銀行ローンは利用目的に合わせて使い分ける

銀行ローンとして思い浮かぶのは、以前は目的ローンやフリーローンが一般的でした。しかし、改正貸金業法が完全施行された2010年以降、総量規制により借入れが出来なくなった人たちが銀行カードローンを利用するようになったことで、カードローンの貸付残高は増加を続けています。銀行カードローンは、銀行法という貸金業法とは別の法律に基づく貸付となるので、総量規制の影響を受けません。元々利息制限法で定められている上限金利よりも低金利で貸付を行なっていたので、今まで消費者金融や信販会社からの借入れを行なっていた人にとっては、金利が低いことに驚く人もいました。

銀行が取り扱うローンの中では、金利が2桁となるカードローンは高金利商品に入ります。目的ローンならば、利用目的に合致した借入れかどうかを審査するので、低金利融資を行なっても浪費に使われるわけではなく、返済率が高く維持できました。しかし、カードローンは、フリーローンよりも更に借入れが利用限度額の範囲内で何度でも繰り返し利用できることから、返済よりも借入れの利便性が注目される結果となっています。目的がしっかりしていれば目的ローンを利用し、生活費決済ならばカードローンを利用するといった棲み分けが必要となるでしょう。

カードローンの増額申込みは慎重な判断をすべきです

カードローン審査を通過する方法として、希望借入額を少なく申告して申込みを行なうと良いとされています。しかし、審査に通過して使い続けているうちに、利用限度額が少ないと不満に思うこともあるでしょう。利用規約上では、一定期間を経過すれば増額申込みが出来ると記載されているので、気軽に増額申込みが出来ると考えがちです。しかし、増額申込みにはリスクが伴うことを理解した上で行わなければ、後悔だけが残る可能性があります。

消費者金融の増額申込みは、手軽にいつでも行えるという案内を出している会社もあり、不定期に増額申込みを誘導する電話がかかることが少なくありません。しかし、審査担当部署と増額申込みを案内する部署が全く異なるので、単なる増額申込み誘導に乗ってしまうことだけは避けなければなりません。なぜなら、消費者金融における増額申込みは、新規申込みに準じた再審査という扱いとなるからです。増額だけでなく減額や利用停止措置に至る可能性が有る点を十分に説明した上で、増額申込みを誘導すべき所ですが、審査部署と増額申込み誘導は別に動いているので、基本的に配慮されることは無いでしょう。増額申込みは、初回申込時に比べて年収がアップしていたり、信用実績を積んでいると確信出来る場合にみに限定すべきです。

カードローンを上手く使うためには

いきなりお金が必要になることは人生では間々、あることでしょう。そんなときにカードローンに申し込むことはないのですが、即日借りることができるのかどうかは微妙なところです。今時は即日融資、と謳っているところはいくつもありますし、実際にそれなりに高い確率で貸してもらうことができるでしょう。しかし、そうではないときもあるのです。つまりは、書類が揃っていないからとか、或いは在籍確認が取れないからまた明日確認する、とかそうしたことがあります。そうなりますとその日、すぐにお金を借りることができる、とはならないわけです。

ですから、カードローンのカードをいざという時のために発行してもらっておくとよいでしょう。そうすればいつでも使うことができます。これが極度方式といいます。つまりは、最初にこの金額までの融資が可能です、と設定をされるわけです。その金額までならばいつでも借りることができるようになる、というやり方になります。しかし、ずっとそうであるわけではなく、数ヶ月に一回、信用情報の審査をしなおしています。実はそうしたシステムになっており、永久にその金額まで借りるわけではありませんから、それは注意しておきましょう。

カードローンの自転車操業が続く不安と怖さ

私は以前、どうしてもお金の回らない時があり、以前よりカードローンや、キャッシングがある事は知っていましたので、利用する事にしました。

私が仕事を辞めたり、主人のお給料が下がったり、という事が重なり、生活費や保険料、税金の払い込み、住宅ローン等の支払いが難しくなり、その時は取り敢えずと思い、借りる事にしたのがその経緯です。

取り敢えず支払いが出来る事には、とても助かりました。どうすればいいのか、とても頭を悩ませ、不安で眠れない日々を過ごしていましたので、ホッと一息つき、安心しました。カードローンという事でしたら、毎月リボ払いで、少しずつ返せるという事にも、少なからず安心感がありました。

けれど困った事に、状況が改善される事がなく、少しずつと思っている間に、気が付いたら結構な額になっていたのです。

借りては返すという状態が続き、又そうしても返済するので、借りれる額もどんどん増えていきました。

キャッシングにしろカードローンにしろ、借りなくてもいい方は、借りない方がいいと思います。

もし借りなくてはならない場合になっても、それは自分のお金ではないのです。

その事をきちんと自覚できるのでしたら、大丈夫だと思いますが、私は出来ませんでした。

契約後のレイクスタッフの方の対応

私は現在、レイクからカードローンでお金を借りています。

契約は自動契約機で行い本人確認書類もその場で提出できたのでとても便利でした。

最初、返済方法として毎月の頭にATMから返済するという方法を選択していました。

ですがやはり返済を忘れてしまったり、どうしても行くことができなかったりということが発生してしまい、その都度の手数料がもったいないと感じていました。

そこで返済方法を銀行口座からの引き落としにしようと思い、自分でネットで方法を検索しましたがよくわかりませんでした。

そこでレイクへ電話連絡をし、方法を確認しました。

スマートフォンで電話をしながらスマートフォンで操作をするという手間のかかる方法をとってしまい、電話口の方を何度も何度もお待たせすることもありましたが、

とても丁寧に対応してくれる女性の方で、私が全く機械のわらないお年寄りだったとしてもわかるようなわかりやすい説明でした。

その後も職場が変わったので電話で登録をしなおすため連絡をした際も、今度は男性のスタッフの方でしたがとても丁寧に話していただきました。

正直、消費者金融の方は怖い人が多いのではないかと思い込んでいましたがレイクのスタッフの方は何度電話しても丁寧にご対応いただき、心地よく利用することができました。

学生向けのキャッシングは中小消費者金融が積極的です

学生がキャッシングを行なうためには、銀行カードローンの審査を受けても必ずしも通過するとは限りません。学生はアルバイト勤務を行なっていても、収入には限界があるので、最初から学生やアルバイトでも申込み可能と謳っている銀行カードローンしか、本審査に進めないでしょう。

大手消費者金融の中には、学生申込可能としている所もありますが、収入証明書の提出が厳しく利用限度額も低く制限されています。20歳以上の学生限定で、常勤アルバイトとしての勤務実績がある場合のみ、審査に通過する状態です。

しかし、中小消費者金融の中には、学生向けカードローンを積極的に行っている所もあり、地域限定営業を行なっていて、大学生の紹介制度を設けている所ほど積極的な審査を行なっています。中には、18歳以上で常勤アルバイトをしていれば、審査対象としている中小消費者金融もあります。

一般的には民法上の法規により、未成年者による単独契約行為は親権者により取り消し可能となっているので、リスクが高すぎるとして多くの消費者金融は未成年者に対する貸付を敬遠するでしょう。しかし、確実に需要はあるわけですから、中小消費者金融の中には生き残りをかけて積極的な融資を広告費を抑えた口コミ営業を行なうことで、継続している業者があります。