カードローン選びに信用金庫も加えてみよう

カードローン選びをする際には、多くの人が消費者金融や銀行を思い浮かべるでしょう。確かに広告費を使い宣伝しているので、消費者金融や銀行カードローンは有名です。しかし、全ての人にとって消費者金融や銀行カードローンが適しているとは限らず、地域密着型の信用金庫が行なうカードローンを選択肢に入れても良いでしょう。信用金庫は、信用金庫法に基づく営業を行っているので、貸金業法による影響を一切受けません。貸金業法では、年収の1/3を超える融資が原則として禁止されていますが、信用金庫カードローンならば、審査次第で年収の1/3を超える融資を受けることも可能です。

年収の1/3という数字が大きいものと考えがちですが、専業主婦は本人に収入が無いので、基本的に総量規制に抵触します。配偶者の収入で生活出来ていて、実質的な家計管理を専業主婦が行っている点は変わりません。配偶者の収入を基にした審査が出来るのは、銀行と同様に信用金庫も貸金業法による影響を受けないからです。借りすぎや過剰貸付は問題となりますが、少なくとも世帯収入による審査をしっかり行なうことで防げるでしょう。信用金庫は、地域の発展を目的としているので、無理な融資を行わないことで知られています。