利用金額の大きさで選ぶなら銀行のカードローン

ごく少額のお金を借りたいというときには審査のスピードも早く、すぐにお金を借りられる消費者金融のキャッシングが便利です。しかし、消費者金融のキャッシングの場合には総量規制の対象となっているので、自分の年収の三分の一を超える金額は借りることはできない規則になっています。もしも、すでに消費者金融のキャッシングなどでお金を借りている人の場合、さらに借入可能な金額が減ってしまうことになるので、ある程度のまとまった金額を借りたいというときには消費者金融のキャッシングはその希望に添えない場合もあります。

もしも、ある程度まとまった金額を比較的手軽に借りたいというときには銀行カードローンに申し込んでみることをおすすめします。銀行カードローンは消費者金融のキャッシングのように総量規制の対象となっていないからです。つまり、銀行カードローンでは年収の三分の一までという借入額の上限がなく、審査の結果次第ではキャッシングよりも多く借り入れることが可能だからです。ただし、銀行カードローンであっても最初から利用限度額が大きいわけではありません。収入や利用実績などに応じて段階的に利用限度額が上がっていくので、最初から大きな金額が借りられるとは限らないという点についてはあらかじめ理解をしておくようにしましょう。