キャッシングすぐ飛び付かずに深呼吸。比較はしっかりと。

どうしてもお金が必要だと思うとすぐ目先の比較サイトを見て飛び込んで申込となる場合も出てくるでしょう。

でも、少しだけ立ち止まって見てください。もっとお得に借りれる場合があります。

例えば銀行系のカードローンを借りることです。

2つ利点があって一つは借入額が多く借りれる可能性があることです。本来借入額は年収の3分の1という総量規制があるのですが、銀行は総量規制の対象をうけないので多く借入額を持つことができます。

更にもう1つは借入額が多くなると金利も安くなるので必然的に金利が安くなる可能性が出てきます。同じ借入額でも金利が違えば返済額の差は相当開きがあります。

すぐ借りたいからすぐ飛び付くのではなく、後から後悔しないように色々な可能性を調べてから申込をしましょう。

キャッシング即日の経験談

私は、三年ほど前に、キャッシングを利用しました。私がキャッシングを利用したのは、今のところ、それが最初で最後でした。キャッシングをしたのは、学費を親に頼りたくなくて、自分でなんとかしたいと思っていたけれど、でもどうにもならなくなった時に利用しました。

キャッシング即日ですごく助かったのは、早さです。ギリギリまで、どうしようかと迷っていたのですが、それでも間に合うのは助かりました。また、携帯で簡単に操作できたので、余計に早くすみました。かなり便利だなと驚いた気持ちでした。また、こんなにも簡単にキャッシングできてしまうんだということがこわくもなりました。くせにならないように、自分でしっかり必要性を判断してキャッシングを利用したいと思いました。

キャッシングの増額申込について

キャッシングの増額申込については、やはりある程一定期間の信用が必要です。また1社あたり50万という額がある程度の目安にはなります。もちろん他社借入がない場合はいきなり70万の枠を設定してもらえる場合はいります。大手以外は通常は50万です。増額の相談をするにしても最低半年以上は毎月遅延なく返済をし信用を勝ちとらなくてはなりません。

50万超えはなかなか難しいのですが、最初の枠が30万でそこから50万への増額はわりと早い段階で判断されるケースが多いです。ですので100万近い金額が急に必要となる場合は1社であたるより、最初から2社ないしは3社あたるのをおすすめします。しかし信用情報機関で情報は共有されていますのでどの場合においても、遅延などの事故は絶対にしないようにしてください。