キャッシングはどこで申し込めるの?

キャッシングを利用したいけれど、どこで申し込むことが出来るのでしょうか。

まずキャッシングというと街中にある店舗に行って契約するのが一般的ですが、対面での手続きには抵抗があるという人も少なくはありません。

そういう人のために用意されているのが自動契約機です。自動契約機では窓口での手続きで必要な手順が、契約機を利用して行うことができます。直接対面で手続きをする必要はありません。店舗に併設されていることが多いのですが、全ての消費者金融の店舗に用意されているというわけではありません。

そういう場合、対面以外で同じ手続きができるのがネット申込です。キャッシングの申込から、審査、契約、借入の全ての手続きがパソコンやスマホを利用して行えるのです。これならわざわざ最寄の消費者金融を探す必要もなく、キャッシングの申込をすることができますね。

窓口でも自動契約機でもネット申込でも、何かが不利有利ということはなく契約内容には変わりはありません。そう考えるとわざわざ店舗に行く必要もないように感じますね。ただ店舗や自動契約機なら契約後にすぐカードローン用のカードが発行してもらえますが、ネット申込の場合には後日郵送で届くことになってしまいます。すぐに欲しい場合には、申込だけネットから行ってカードの発行だけ店頭で手続きすることもできます。

信販会社やクレジットカード会社のカードローンを契約するメリットは?

銀行や消費者金融のカードローンやフリーローンの他、信販会社やクレジットカード会社のカードローンを契約するという選択肢があります。信販会社やクレジットカード会社のキャッシング契約については、消費者金融に比べると審査の難易度は高めではあるものの、銀行ローンに比べると審査が通過する可能性は高めです。

また、金利設定も銀行カードローン並みであり、総返済額が抑えられるというメリットがあります。さらに、銀行カードローンに比べ、サービス面での充実性が高いこと、効率の良い返済も期待できます。

特に信販会社やクレジットカード会社のカードローンの場合、利用出来る提携ATMの台数は遥かに多くなり、利用手数料が無料であることやほぼ24時間利用出来るという特徴があります。銀行カードローンの場合、24時間利用出来るものは意外に多くはなく、利用手数料が108円ないしは216円掛かるものも少なくはありません。そのため、出張や旅行先での借り入れに注意しなければ無駄な出費にも繋がってしまいます。その点を考慮すれば、比較的お得に利用出来るカードローンと言えます。

また、信販会社やクレジットカード会社は個人消費に対するノウハウが蓄積されており、返済方法も選択できるケースがあります。返済期間が長期化および返済額の増加に繋がるリボルビングスライド方式でも、毎月の返済金額は高めに設定されており、元本の消化率も高くなるものが多くあります。

貸金業法が適用されるため、総量規制により年収の1/3までが上限となるものの、同じ条件下で融資が行われる消費者金融よりも断然お得に借り入れ出来る方法となります。

バンクイックより楽天銀行スーパーローンの方を選ぶ2つの理由

銀行カードローンを利用する時に大手銀行のカードローンの三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックとネット銀行のカードローンの楽天銀行スーパーローンのどちらにするか迷ってしまう人が多いです。

大手銀行のカードローンの方が安心感があるのでバンクイックを選ぶ人が多いですが、最近では楽天銀行スーパーローンを選ぶ人も増えてきています。そこでなぜバンクイックより楽天銀行スーパーローンの方を選ぶのか理由を挙げていくことにしましょう。

・ネットですべての手続きをする事が出来る

バンクイックを利用する時は来店して手続きをする事も出てくるので住んでいる場所の近くに銀行がないとすごく不便です。しかし楽天銀行スーパーローンを利用する時はネットですべての手続きをする事が出来るのですごく便利です。楽天銀行スーパーローンの方が利便性が高い点が選ばれる理由になります。

・上限金利が低く設定されている

バンクイックの上限金利は14.6%、楽天銀行スーパーローンの上限金利は14.5%で設定されていて楽天銀行スーパーローンの方が0.1%低くなっています。0.1%だとあまり変わらないような気もしますが、多額の借り入れをする時は影響してくるので上限金利が低く設定されている楽天銀行スーパーローンを選ぶ人が多いです。