キャッシングで本人確認が求められる理由

キャッシングサービスは利用者の信用に応じる形で提供されています。そのために厳正な審査が行われ、サービスの提供主はリスクマネジメントを行っているのです。

審査の過程で行われる本人確認はその一環ですが大きな意味があります。それは総量規制に抵触していないのを確かめる事です。総量規制は年収の三分の一以上の借金を認めないという法律で、総量規制対象外の目的を除いて全て適用されます。つまり業者に通知した年収がキャッシングサービスの利用者本人のものでないと、法律を違反している可能性が生じるのです。

審査時に提出受け取ったデータとキャッシングサービスを利用したがっている人物が無関係であれば、業者は借金が返されないというリスクを抱えるだけでなくコンプライアンスの問題にもなります。コンプライアンスを軽視した企業は信頼を失われるので、今後の経営にも悪影響が生じるのです。

一人の顧客の借金が完済されないよりも、コンプライアンス違反によるダメージは大きいと言われています。本人確認の精度はキャッシングを担当している業者の生命線と言っても過言ではありません。時間を掛けて入念なチェックが行われるのは必然だと言えます。ただし本人確認に時間を用いすぎると顧客が離れてしまうので限度も大切です。