キャッシングの限度額の決まり方

キャッシングを利用するに当たって「総量規制」というものは切っても切り離せないものです。これは貸金業法で定められている言わば貸し出し可能額を決める指標です。

総量規制とは申込者の年収より3分の1以下にあたる金額までしか貸し出すことができないというものです。一つの業者につきというわけではなくその人が借り入れする全業者の借入額の合計が3分の1になるように計算しなければなりません。

各金融業者はフリーローンを貸し出す際はこの総量規制で査定するために利用者の年収を把握する必要があるのです。ですが、この総量規制の対象になるのはあくまでもフリーローンであって、この規制を受けないものもあります。

それがマイカーローン、住宅ローン、おまとめローンなどに代表される目的別ローンと呼ばれるものです。利用する用途が明確にわかっているローン契約については審査を行った上で基準上問題がなければ借り入れを受けることができるのです。だからこそ年収400万円が平均といわれているサラリーマンでも住宅ローンを組んで家を建てることができるわけです。ですがあくまでも総量規制は貸し出し可能な最高額を定めるものですので、借り入れ審査を行う業者によって貸し出し可能額は変ってきますので要注意です。