学生向けのキャッシングは中小消費者金融が積極的です

学生がキャッシングを行なうためには、銀行カードローンの審査を受けても必ずしも通過するとは限りません。学生はアルバイト勤務を行なっていても、収入には限界があるので、最初から学生やアルバイトでも申込み可能と謳っている銀行カードローンしか、本審査に進めないでしょう。

大手消費者金融の中には、学生申込可能としている所もありますが、収入証明書の提出が厳しく利用限度額も低く制限されています。20歳以上の学生限定で、常勤アルバイトとしての勤務実績がある場合のみ、審査に通過する状態です。

しかし、中小消費者金融の中には、学生向けカードローンを積極的に行っている所もあり、地域限定営業を行なっていて、大学生の紹介制度を設けている所ほど積極的な審査を行なっています。中には、18歳以上で常勤アルバイトをしていれば、審査対象としている中小消費者金融もあります。

一般的には民法上の法規により、未成年者による単独契約行為は親権者により取り消し可能となっているので、リスクが高すぎるとして多くの消費者金融は未成年者に対する貸付を敬遠するでしょう。しかし、確実に需要はあるわけですから、中小消費者金融の中には生き残りをかけて積極的な融資を広告費を抑えた口コミ営業を行なうことで、継続している業者があります。