借金を一本化して早く返済するおまとめローン

現在スマートフォンでキャッシングの申し込み手続きがすべて出来てしまうので手軽にお金を借りる事が出来るようになってきました。そのため少しお金が足りないなと思ったらすぐにキャッシングを申し込んでしまうという人も少なくありません。それで複数の業者からキャッシングをしてしまうようになってだんだん返済が困難になっていきます。

複数の業者からキャッシングをしてしまうと月の返済日が変わってくるし、借金の総額も分からなくなってしまって管理が大変になってしまいます。そういう時は借金を一つにまとめてしまうおまとめローンを利用するといいでしょう。おまとめローンは複数の業者からの借金を一本化して早く返済するというのが目的のローンです。借金を一本化すると返済日も月1回になりますし管理をしやすくなるので返済をスムーズにする事が出来ます。また低金利のおまとめローンで借金を一本化すれば利息を減らす事が出来るのでその分早く返済する事が可能です。

おまとめローンを利用する時は銀行と消費者金融のどちらかを選ぶ事になりますが、おまとめローンは低金利で借りるというのが鉄則なので銀行の方がおまとめ向きと言えます。そのため銀行のおまとめローンを利用する方がいいでしょう。

おまとめローンは、限度額が大きく低金利な銀行カードローン

現在、複数の消費者金融系カードローンでキャッシングを利用していて、、其々への毎月の返済額も大変という方や、返済日がまちまちだがら管理が大変という方は、より大きな限度額のカードローンを申込み、1つにまとめてしまった方が、毎月の返済額も抑えられることが多いですし、返済日をあれこれ気にしなくて安心です。所謂おまとめローンと呼ばれるものです。

おまとめローンとするには、現在複数のカードに散らばっている借入残高を、全てまとめられるだけの限度額をもったカードローンでなくてはなりません。1社・2社残ってしまうと、その返済もあるのでおまとめローンの良さが生かされにくくなってしまうのです。

消費者金融系のカードローンも、限度額が大きなものも多くなりました。しかし、どんなに大きな限度額を希望しても、総量規制の範囲内、つまり年収の1/3迄しか借りられないので全てをまとめるには、少ないと思います。更に、総量規制は1社毎ではなく、借入している全ての金融機関の合計金額も反映されてしまうので、これから消費者金融系カードローンに申込もうとしても、残されたパイは小さなものになっていると思われます。

全てをおまとめローンとし、更に余裕も欲しいと考えるなら、やはり銀行系のカードローンです。銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、安定した収入の方でしたら、200万円~300万円といった限度額を得ることも可能です。低金利のものも多くあります。

おまとめローンを検討するなら、限度額が大きく低金利な、銀行系カードローンをお薦めします。

内緒で即日融資を受けられるので便利です

消費者金融を利用してキャッシングしていることは基本的にまわりの人からあまりいい印象を持たれないことが多いです。そのためお金を借りようとする場合、できるだけ自分のまわりの人に内緒で手続きをしたいと考えます。

そして現在ほとんどの消費者金融はまわりの人に内緒で即日融資を受けることができるようになっているので便利であると言えます。そのため急な出費を要したり、生活費が足りなくなってしまった一般の人がよく利用しています。

そこで消費者金融ではどのような方法でまわりの人に内緒で即日融資を受けることができるのかというと借入の申込みは基本的にインターネット上で済ませてしまいます。その後審査にクリアして融資を受ける場合は自動契約機を利用する方法と銀行預金口座に振込をしてもらう方法があります。消費者金融によっては自動契約機で手続きをしているところを他の人に見られないようになっているので、安心して利用できます。また振込の手続きをしているところはまわりの人に見られないことは言うまでもありません。

内緒でキャッシングをしたければ消費者金融を利用するといいでしょう。

銀行ローンは金利が安くてとても利用しやすい

カードローンでお金を借りている人たちはとてもたくさんいますが、カードローンは消費者金融と銀行の二つに分かれています。消費者金融は金利がとても高くサービスは非常に便利ではありますが、毎月の返済が厳しくなる可能性もありますので、銀行でカードローンを借りる要件を備えている人は銀行でカードローンを利用した方が圧倒的にメリットが高くなります。

銀行で借りるためにはある程度の審査基準を満たしていなければなりませんが、最近では銀行のカードローンも審査に合格しやすいと言われていますので、消費者金融で申し込み行う前に、銀行のカードローンに申込み行った方がお得になります。

金利というものは甘く見ていてはとても損をしてしまいますので、少しでも金利が安い銀行でお金を借りるということが当然のことであります。消費者金融でも無金利のサービスを行っている業者もありますが、基本的に銀行でお金を借りた方が将来的な面からしましても圧倒的にメリットが高く、銀行でありますので安心感がまったく違ってきます。審査時間はある程度長くかかってしまいますが、それでも銀行のカードローンに申し込み行った方が圧倒的に得だということです。サービスの品質も接客もレベルは高い銀行が多いので、借りることができるならば銀行で借りるようにしましょう。

モビットにおけるキャッシングの体験談

どうしてもお金がなくなってしまうことはあります。私の場合は、どうしても仕事のやる気を起こすことができずにずっと働かないでいた所、生活していくお金がなくなってしまった経験があります。

最近の若者は真面目でしっかりとしている人間が多いため、そこまで頻繁にある話しではないかもしれませんが、昔はそのような金欠の話は身近な人にも日常茶飯事のようにありました。一度勤めていた会社を辞めてしまってから、どうにも何かをする気力さえ起こすことができない状態でした。

そしてただボーっとしてばかりいるうちに、生活費がなくなってしまうのです。食べるものを買うお金すらなくなってしまった時、さすがにこのままでは死んでしまうと思い、キャッシングを活用することにしました。私が利用したのはモビットです。夏菜さんと竹中直人さんが出演しているCMを一度も目にしたことがない人はほとんどいないはずです。

このモビットは、WEB完結という仕組みが非常に優れものだと感じました。幸いなことに携帯料金だけは支払っていたため、スマートフォンは使えたのです。電話も郵便物も一切ないため、親族などばれたくない人にばれてしまうことを心配せずに済みます。またモビットはとにかく操作が簡単にできるよう工夫がされているなあと感じました。

キャッシングで本人確認が求められる理由

キャッシングサービスは利用者の信用に応じる形で提供されています。そのために厳正な審査が行われ、サービスの提供主はリスクマネジメントを行っているのです。

審査の過程で行われる本人確認はその一環ですが大きな意味があります。それは総量規制に抵触していないのを確かめる事です。総量規制は年収の三分の一以上の借金を認めないという法律で、総量規制対象外の目的を除いて全て適用されます。つまり業者に通知した年収がキャッシングサービスの利用者本人のものでないと、法律を違反している可能性が生じるのです。

審査時に提出受け取ったデータとキャッシングサービスを利用したがっている人物が無関係であれば、業者は借金が返されないというリスクを抱えるだけでなくコンプライアンスの問題にもなります。コンプライアンスを軽視した企業は信頼を失われるので、今後の経営にも悪影響が生じるのです。

一人の顧客の借金が完済されないよりも、コンプライアンス違反によるダメージは大きいと言われています。本人確認の精度はキャッシングを担当している業者の生命線と言っても過言ではありません。時間を掛けて入念なチェックが行われるのは必然だと言えます。ただし本人確認に時間を用いすぎると顧客が離れてしまうので限度も大切です。

キャッシングの限度額の決まり方

キャッシングを利用するに当たって「総量規制」というものは切っても切り離せないものです。これは貸金業法で定められている言わば貸し出し可能額を決める指標です。

総量規制とは申込者の年収より3分の1以下にあたる金額までしか貸し出すことができないというものです。一つの業者につきというわけではなくその人が借り入れする全業者の借入額の合計が3分の1になるように計算しなければなりません。

各金融業者はフリーローンを貸し出す際はこの総量規制で査定するために利用者の年収を把握する必要があるのです。ですが、この総量規制の対象になるのはあくまでもフリーローンであって、この規制を受けないものもあります。

それがマイカーローン、住宅ローン、おまとめローンなどに代表される目的別ローンと呼ばれるものです。利用する用途が明確にわかっているローン契約については審査を行った上で基準上問題がなければ借り入れを受けることができるのです。だからこそ年収400万円が平均といわれているサラリーマンでも住宅ローンを組んで家を建てることができるわけです。ですがあくまでも総量規制は貸し出し可能な最高額を定めるものですので、借り入れ審査を行う業者によって貸し出し可能額は変ってきますので要注意です。

借入残高を積み上げることなく、一括返済でリセットを

生活の為に、キャッシングを利用しなければならない状況というのは、厳しいと思います。毎月の収入で生活が成り立つのが当然良いのは勿論ですが、世の中、給料もなかなか上がらない状態であり、どうしてもキャッシングを利用しなければならない方も多くいらっしゃることだと思います。

単純に毎月の生活費であったり、突発的な冠婚葬祭の費用てあったり、子供が持ち帰った集金袋であったりと色々だと思います。

私の場合は、それも生活費の一部とも言えますが、クレジットカードの引き落としに対して、キャッシングで充てる形が多いです。クレジットカードの利用は、所謂街の買い物ばかりではありません。生命保険代、携帯電話代なども含まれます。私の場合は、引き落とし日が一番遅い、生命保険代と携帯電話代を決済しているクレジットカード分を、キャッシング利用して充てることが常です。

私の場合、現在のところ、年間12ヶ月の毎月キャッシングする訳ではありません。勿論貯金などは無く、毎月の収入で足りない部分は、ボーナスを切り崩していく訳で、それが尽きてしまったところから、キャッシングで凌ぐのです。だいたい2~3ヶ月というところです。1ヶ月に4万円ほどを、2~3ヶ月間のキャッシング。それは、それ以上積み上げることなく、次のボーナス支給時に、一括返済してしまいます。

以前、キャッシングを積み上げて、返済が厳しくなり、両親からお金を借りて一括返済した、苦い思いがあるので、二度と同じ過ちを繰り返したくないのです。

その為、ボーナス支給後の半年間にキャッシング利用した分は、次のボーナス支給時に一括返済してリセットする、今のスタイルを守りたいと思っています。

消費者金融系カードローンであっても、銀行系カードローンであっても、キャッシングは、借入残高が小さい時は、毎月の返済額も小さく済みます。しかし、限度額に向かって増えていけばいく程、毎月の返済額は当然大きくなります。毎月の収入で生活が厳しい方が返済出来る金額ではなくなります。

どうか、キャッシングの借入残高をなるべく積み上げることなく、早め早めのリセットをするような、計画的な利用を心掛けて下さればと思います。

楽天の特徴とネット完結

キャッシングが可能な金融会社は色々ありますが、その1つは楽天ローンです。数ある金融会社の中でも、かなり独特です。

まず一番大きな特徴として、全てがWEB完結になる点が挙げられます。申込みをする方法ですが、完全にネット完結ですね。申込みに必要な身分証を送付するのもネット媒体ですし、申し込み用の個人データなども独自のフォームに入力する事になります。基本的には、紙媒体が用いられません。

他の金融会社の場合は、そうではありませんね。紙媒体で申し込みを受け付けている会社は、今なお多いです。楽天ローンの特徴の1つと言えるでしょう。

それとお金を借りる為の手続きも、やはりネット完結になります。他の金融商品の場合はカード媒体を持参して、実店舗やATMなどに行かなければならないケースが多々あります。しかしこの楽天の商品の場合は、自宅でホームページにアクセスをすれば簡単に借り入れをする事ができるのです。ちなみに融資される金額は、所定の口座に振り込まれるのですが。ATMから現金が出てくる訳ではありません。

それと返済手続きです。楽天では、それもネット完結になります。前述のように他の金融会社の場合は実店舗に足を運ぶ必要がありますが、楽天ではそれを必要無い訳です。

このようにほとんどの手続きがインターネットで行う事ができるのが、このローン商品の大きな特徴の1つです。ちなみにこの銀行の場合は、手数料を発生しません。銀行口座からの振り込み手数料などが発生する金融会社は多いですが、この会社では無料です。それを楽天の特徴の1つですね。

カードローンやキャッシングの注意点

ネットで審査完了!即日融資も可能なキャッシング特集
http://www.cie-mt.org/

カードローンやキャッシングは、その特徴を知る事で、もっとお得に利用することができるようになります。
上手に賢く利用するためにも、各消費者金融のサービス内容を、確認しておくと良いでしょう。

またインターネットなどを利用して比較サイトを活用してみるのも、良い方法と言えるのではないでしょうか。
カードローンやキャッシングを利用するためには、申し込み後に、審査に通る必要があります。

安定した仕事についていて、借金などのトラブルがない場合は、ほとんどの方は審査に通ることができるでしょう。

基本的に仕事をしていない場合は、審査に合格することができません。
カードローンやキャッシングは、お金を借りて返済することが大切なので、返済できる能力がない場合は、落とされてしまうということです。

そうならないためにも、しっかりと仕事について、安定した生活を送れるようにしておくことが大切ではないでしょうか。
また実際にカードローンやキャッシングを利用した場合は、しっかりと返済計画を立てて、返済できるようにしましょう。

実際に借りる金額は、無理なく返済することができる金額にする事が大切です。
お金に困っている場合は、借りる事だけに意識を集中してしまう場合があるので、返済の事も考えながら、利用するようにしましょう。

カードローンやキャッシングは、便利に使える一方で返済ができなくなってしまっては信用情報が傷ついてしまうので、上手にコントロールしていきましょう。